ホーム > インフォメーション

インフォメーション

BSプレミアム「クラシック倶楽部」放送予定

BSプレミアム「クラシック倶楽部」の再放送予定をご案内致します。

◎2017年3月15日(水)午前5:00−5:55

クラシックアラカルト⑧「ワルター・アウアー フルート・リサイタル」

 

◎2017年3月17日(金)午前5:00−5:55

クラシックアラカルト⑩「イアン・バウスフィールド トロンボーン・リサイタル」

*予告無く番組が変更になる可能性があります。

来日公演中止のお知らせとお詫び〈ケマル・ゲキチ〉

公演中止のお知らせとお詫び-1改訂.jpg

 

公演中止のお知らせとお詫び-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像公演中止のお知らせとお詫び-3.jpg

年末年始休業のお知らせ

1219_001.jpg

フィンランド・タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団 初来日!!

 

総勢97名。若き名匠ロウヴァリ率いる北欧屈指のオーケストラ

 

待望の初来日

 

Tampere_logo.jpg

 

タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団

(指揮)サントゥ=マティアス・ロウヴァリ

 

 

Tampere画像.jpg

 

■フィンランド・タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団■ Finland Tampere Filharmonia

タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団(フィンランド語: Tampere Filharmonia)は、97名の音楽家を擁するスカンジナヴィアの主要なオーケストラのひとつ。2015年にはその創立85周年を祝った。

2013年8月には、前任者のハンヌ・リントゥからフィンランド人指揮者のサントゥ=マティアス・ロゥヴァリが芸術監督に就任。リントゥの前任者は首席指揮者のジョン・ストーガーズで、さらに前任はエストニア人の桂冠指揮者エリ・クラスであり、ヨウニ・カイパイネンが専属作曲家として務めていた。

1990年には、優れたコンサート・ホールであり、また会議場でもあるタンペレ・ホールの完成とともに、オーケストラが文字通り“すばらしい新世界”へと移行した。コンサート・ホールが併設されたこの巧みに改築された施設は、客席数1,800を持ち、今後のオーケストラのさらなる芸術的飛躍を予見させるものである。

冬季には、毎週金曜日にオーケストラの演奏会が、また日曜日の午後には「牧神の午後」と銘打った室内楽のシリーズが開催されている。またオペラやバレエのオーケストラとしても活動し、タンペレ・ビエンナーレ現代音楽祭へも定期的に出演している。

タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団では、その特色を生かした子供や若者に向けた教育プログラムを多数企画している。このような試みをフィンランドで開催したのは、このオーケストラが初めてである。

オーケストラには近年、ハンヌ・リントゥ、エリ・クラス、ジョン・ストルガルズ、トゥオマス・オリラやレイフ・セーゲルスタムなどの指揮者による録音がオンディーヌ・レーベルからリリースされ、50種もの録音が国内外で販売されている。最近の録音は、マックス・レーガー、ユッカ・ティエンスー、ヨウニ・カイパイネン、エイナル・エングルンド、ペトリス・ヴァスクス、ジョン・コリリャーノ、アルマ・マーラー、レオ・ブローウェル、ロベルト・シューマンとジャン・シベリウスの作品を収録したもの。

 

その多くの録音が、カンヌ・クラシカル・スペシャル・アワードより2004年のディスクとしてリストに挙がっており、そのほか5つの賞に輝くなど、素晴らしい評価を受けている。2007年春にリリースしたユッカ・ティエンスー作品の録音は、IFPIフィンランドのエマ・アワードにノミネートされた。

1930年に創立され、1947年からタンペレ市によって運営されているこのオーケストラは、エーロ・コソネンが率いた37年の間にプロのオーケストラとしての評価を獲得しその地位を確固なものとした。オーケストラは、これまでにイギリス、オランダ、スカンジナビア、エストニア、ドイツ、スペイン、アメリカなど世界中で公演を行っている。

 

rouvali_kaapo_kamu_2.jpg

 

■指揮, サントゥ=マティアス・ロウヴァリ■ Santtu-Matias Rouvali


“つい先頃、伝統あるフィンランドの優れた指揮を、大きな関心をもって聴いた”

としてガーディアン紙に迎えられた、サントゥ=マティアス・ロウヴァリは、タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、コペンハーゲン・フィルハーモニー管弦楽団 首席客演指揮者である。ロウヴァリは、2017年/18年からイェーテボリ交響楽団の首席指揮者に就任することが決まっている。

ロウヴァリはシベリウス音楽院で指揮を学び、レイフ・セーゲルスタムのほか、ヨルマ・パヌラ、ハンヌ・リントゥらにも師事した。

すでにフィルハーモニア管弦楽団、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団などを定期的に指揮しており、2016年/17年は、BBC交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、バンベルク交響楽団を指揮する。またイェーテボリ交響楽団の首席指揮者として、今シーズンに2つのプログラムを指揮することになっており、マルク=アンドレ(マルカンドレ)・アムラン(ピアノ)と、トルルス・モルク(チェロ)とのプログラムとの共演に加え、バルトーク「管弦楽のための協奏曲」、ヤナーチェク「タラス・ブーリバ」を指揮する。10月には、ローザンヌ室内管弦楽団のヨーロッパツアーで同楽団にデビュー、また2017年5月、すでに東京交響楽団と2度の共演で成功を収めている日本で、タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団と共にツアーを行う。北米では、すでにシンシナティ交響楽団とミネソタ交響楽団にデビュー、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団と共演するため、再びアメリカで指揮をする予定だ。

最新のCDは、ティモ・コーホネン(ギター)/オウル交響楽団とキンモ・ハコラと細川俊夫のギター協奏曲(オンディーヌ・レーベル)を、またバイバ・スクリデ(ヴァイオリン)/タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団とニールセンとシベリウスのヴァイオリン協奏曲(オルフェオ・レーベル)を2015年にリリースしている。

オペラでは、これまでにビゼー「カルメン」、モーツァルト「魔笛」をウェスト・コースト・コッコラ・オペラで、またヴェルディ「運命の力」をタンペレ・オペラで指揮している。

公式HP:http://www.harrisonparrott.com/artist/profile/santtu-matias-rouvali

 
田部京子.jpg
 
 

 

東京芸術大学附属高校在学中、日本音楽コンクールに最年少で優勝。ベルリンで学びミュンヘン国際音楽コンクール(ARD)など受賞多数。バイエルン放送響、バンベルグ響、モスクワ・フィルとの共演ほか、世界のトップアーティストから共演者に指名され厚い信頼を寄せられている。CDは30枚以上リリース、国内外で特選盤に選出。これまでに『シューベルト・チクルス』、『シューマン・ブラス』、『BBワークス <ベートーヴェン&ブラームス>』のリサイタルシリーズが大成功を収めており、2016年秋からは新リサイタルシリーズ『シューベルト・プラス』がスタート、好評を得ている。上野学園大学教授、桐朋学園大学特任教授。

オフィシャルHP:http://www.kyoko-tabe.com

 

堀米ゆず子2013 ① (c)T. Okura.jpg

■ヴァイオリン, 堀米ゆず子■ Yuzuko Horigome

 

1980年エリーザベト王妃国際音楽コンクールで日本人初の優勝を飾って以来、ベルリン・フィル、ロンドン響、シカゴ響など世界一流のオーケストラ、アバド、小澤、ラトル、アルゲリッチ、クレーメルなど世界的アーティストとしばしば共演。2013年からイタリア、14年からはイギリスでマスタークラスを開催。日本でも多くのプロジェクトを手掛ける。CD録音も数多い。16年5月より仙台国際音楽コンクール・ヴァイオリン部門審査員長に就任。16年秋にはカメラータ・ザルツブルクとモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全曲演奏会を行い絶賛を浴びる。現在、ブリュッセル王立音楽院教授、マーストリヒト音楽院教授。使用楽器は、ヨゼフ・グァルネリ・デル・ジェス(1741年製)。

公式HP/yuzuviolin.com

 

《一般発売日》

 

〜[東京2公演、大阪公演] 2017年1月16日(月) 10:00より〜

 

〜[浜松公演] 2017年1月11日(水) 10:00より〜

 

〜[福山公演] 2017年1月21日(土) より〜 ※プロアルテムジケでの取り扱いはございません。

 

 

[東京]5月19日(金)19:00(18:15開場)

東京文化会館 大ホール

[全席指定] SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円

[Program]
シベリウス:フィンランディア op.26
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 op.16
シベリウス:交響曲 第2番 ニ長調 op.43

J.Sibelius:Finlandia op.26
E.Grieg:Piano concerto a-moll op.16
J.Sibelius:Symphony No.2 D-dur op.43 

 

 

[福山]5月20日(土)15:00(14:15開場)

ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール

[全席指定] S席:一般12,000円/学生7,000円、A席:一般10,000円/学生7,000円、B席:6,000円(一般料金のみ)

[Program]
シベリウス:フィンランディア op.26
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 op.16
シベリウス:交響曲 第2番 ニ長調 op.43

J.Sibelius:Finlandia op.26
E.Grieg:Piano concerto a-moll op.16
J.Sibelius:Symphony No.2 D-dur op.43 

 

 

[東京]5月23日(火)19:00(18:15開場)

東京文化会館 大ホール

[全席指定] SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円

[Program]
シベリウス:交響詩「エン・サガ」
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
シベリウス:交響曲 第5番 変ホ長調 op.82

J.Sibelius:En Saga op.9
J.Sibelius:Violin concerto d-moll op.47
J.Sibelius:Symphony No.5 Es-dur op.82 

 

 

 

[浜松]5月24日(水)19:00(18:15開場)

浜松アクトシティ 中ホール

[全席指定] SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円

[Program]
シベリウス:フィンランディア op.26
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 op.16
シベリウス:交響曲 第5番 変ホ長調 op.82

J.Sibelius:Finlandia op.26
E.Grieg:Piano concerto a-moll op.16
J.Sibelius:Symphony No.5 Es-dur op.82 

 

 

[大阪]5月25日(木)19:00(18:00開場)

ザ・シンフォニーホール

[全席指定] SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円

[Program]
シベリウス:フィンランディア op.26
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
シベリウス:交響曲 第2番 ニ長調 op.43

J.Sibelius:Finlandia op.26
J.Sibelius:Violin concerto d-moll op.47
J.Sibelius:Symphony No.2 D-dur op.43  

 

 

 
             (HPの注文のみクレジットカードの使用可)
 
 
 
 
 
.

モノトーン クラシカルカレンダー2017 好評発売中!

 

 

2017年を彩るプロアルテムジケのアーティストカレンダーを発売!

ブラスアンサンブルやピアニスト、豪華な海外アーティスト全12ページのカレンダーです。

 

 

■モノトーン クラシカルカレンダー2017  

   1,500(送料込み)

 

A2サイズ. 420 × 594ミリ

 

■全12ページ (2017,1-12月)

 

■掲載アーティスト

 表紙  タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団
 1月  ライナー・ホーネック(vn. & cond.)
 2月  ブラス・ユナイテッド
 3月  ダニエル・オッテンザマー(cl.)
 4月  オーラ・ルードナー(cond.)
 5月  ファブリス・ミリシェー(tb.)
 6月  ソフィー・ダルティガロング(bn.)
 7月  エドゥアルト・クンツ(pf.)
 8月  ワルター・アウアー(fl.)
 9月  コンスタンチン・シェルバコフ(pf.)
 10月  ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー
 11月  ケマル・ゲキチ(pf.)
 12月  ウィーン=ベルリン ブラス・クインテット
 
 
 

表紙_2017calendar.jpg

表紙:タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団

 

<ご注文方法>

1.電話にてご注文 03-3943-6677

その際「お名前、ご連絡先、住所、郵便番号 注文本数」を必ず明記ください。
お振込先のご案内については、折り返しご連絡させていただきます。
 
発送はゆうメールでの発送となっております。
発送手数料、送料込みで¥1,500となっております

10/28 イアン・バウスフィールド トロンボーンリサイタル 放送予定

イアン・バウスフィールド トロンボーンリサイタル

Ian Bousfield Trombone Recital

 

bousfield_四角.jpg

 

2016/10/28(金)5:00〜5:55 

BSプレミアム「クラシック倶楽部」 放送決定!

 

2016年9月1日(木)にHakuju Hallで収録された演奏会が、BSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送されます。

ベストオブクラシック http://www4.nhk.or.jp/c-club/x/2016-10-28/10/11072/1894326/

>2016/9/1公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

10/27 ミシェル・ベッケ&ヨルゲン・ファン・ライエン トロンボーンジョイントリサイタル 放送予定

ミシェル・ベッケ&ヨルゲン・ファン・ライエン トロンボーン・ジョイント・リサイタル

Michel Becquet X Jörgen van Rijen Trombone Joint Recital

 

12061641_52a17fa46a848.jpg

 

2016/10/27(木)5:00〜5:55 

BSプレミアム「クラシック倶楽部」 放送決定!

 

2014年3月3日(月)に紀尾井ホールで収録された演奏会が、BSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送されます。

ベストオブクラシック http://www4.nhk.or.jp/c-club/x/2016-10-27/10/10456/1894147/

>2014/3/3公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

9/6 ワルター・アウアー(フルート)[5/28公演] 放送予定

ワルター・アウアー(フルート)

Walter Auer, flute

 

コ-ピー.jpg

 

2016/9/6(火)19:30〜21:10 

NHK-FM「ベストオブクラシック」 放送決定!

 

2016年5月28日(土)に東京文化会館小ホールで収録された演奏会が、NHK-FM「ベストオブクラシック」で放送されます。

ベストオブクラシック http://www4.nhk.or.jp/bescla/x/2016-09-06/07/68011/4858704/

>5/28公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

夏期休業のお知らせ

夏期休業のご案内.jpg

ウィーン=ベルリン ブラス・クインテット [8/2] 放送予定

ウィーン=ベルリン ブラス・クインテット

Wien-Berlin Brass Quintet

 

_DSC3162_web.jpg

 

2016/8/2(火)午前5:00〜5:55 

NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」 放送決定!

 

2015年12月17日(木)に文京シビック 大ホールで収録された演奏会が、NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送されます。

>詳細は「クラシック倶楽部」 

>12/17公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

合唱団員募集 多摩フィルハルモニア合唱団 [12.18(日) たましん RISURU ホール]

多摩フィルハルモニア合唱団

合唱団員募集中

 
合唱の喜びはここに!


22世紀に残したい世界遺産、不朽の名作

シマノフスキ:スターバト・マーテル

皆様是非ご一緒に歌いませんか?

音楽監督:今村 能

独唱:津山 恵、石井真紀、太田直樹

合唱:多摩フィルハルモニア合唱団

管弦楽:フィルハルモニア多摩(多摩のプロオケ)

本番:2016年12月18日(日)14:00開演


たましんRISURUホール(立川市市民会館) 大ホール川市市民会館) 大ホール

 

お問合せ:多摩フィルハルモニア合唱団  tama-fil-777@nifty.com

 

0144_001.jpg

プロアルテの金管がすごい!前代未聞のブラス・ラッシュ!

Shoes.jpg

 

これがプロアルテムジケが2016年に贈るお家芸!

 2016年のプロアルテムジケは、今までにないほど、ブラス!ブラス!ブラス!の一色でお贈りいたします。
こんな企画ができるのは、プロアルテムジケだけ!
一色単に「金管」でまとめることのできない、魅力たっぷりのアーティストに是非会いに来てください!!!
 
 
 
Øystein11.jpg
  <好評発売中!!>
 
 
 
mamophoto1.jpg
  <好評発売中!!>
 
 
 
1Mnozil Brass.jpg
  <先行発売> PAM会員 5/16~5/20
  <一般発売> 6/6~
 
 
 
00.jpg
  <先行発売> PAM会員 5/19~6/5
  <一般発売> 6/6~
 
 
 
CB G1o Credit BoHuang.jpg
  <先行発売> PAM会員 5/30~6/3
  <一般発売> 6/15~
 
 
 
PAMクラブ会員を募集しております!
 
入会金/年会費 "一切無料" で、いち早くブラス公演の情報をお送りしております。
先行発売で良いお席をお取りできるもPAM会員限定!
是非、皆様のご入会をお待ちしております。
 
 
moushikomi01.jpg
 
 

来日中 ディーナ・ヨッフェ(ピアノ)取り扱いCD情報[全2タイトル!]

ディーナ・ヨッフェ(ピアノ) Dina Yoffe, piano

 

Dina Yoffe (39).jpg

 

ディーナ・ヨッフェ(ピアノ)のCD2タイトル取り扱い中!!!

会場で購入できなかった方等、この機会に是非お求め下さいませ。

 

 

ディーナ・ヨッフェ / ショパンソナタ第3番  

 

PAMP-1040 ¥2570

 

[Program]

●フレデリック・ショパン F. Chopin

バラード 第4番 ヘ短調 op.52
[1] Ballade No.4 in f minor

即興曲 第1番 変イ長調 op.29
[2] Impromptu No.1 in A-flat major

即興曲 第2番 嬰へ長調 op.36
[3] Impromptu No.2 in F-sharp major

即興曲 第3番 変ト長調 op.51
[4] Impromptu No.3 in G-flat major

幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
[5] Fantaisie-impromptu in C-sharp minor

3つのマズルカ op.59
[6]-[8] 3 Mazurka

ピアノソナタ 第3番 ロ短調 op.58
[9]-[12] Sonate pour piano No.3 in b minor 
 
 
022.jpg

 

 

 

 

ディーナ・ヨッフェ / ショパン&シューマン  

 

PAMP-1036 ¥2570

 

[Program]
●フレデリック・ショパン F. Chopin
スケルツォ 第1番 ロ短調 作品20
[1] Scherzo No.1 h-moll op.20 

スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31 
[2] Scherzo No.2 b-moll op.31 

スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39
[3] Scherzo No.3 cis-moll op.39 

スケルツォ 第4番 ホ長調 作品54
[4] Scherzo No.4 E-dur op.54 

●ロベルト・シューマン Robert Schumann
ピアノソナタ 第1番 嬰ヘ短調 作品11

[5]-[8] Klaviersonate Nr.1 fis-moll op.11 

 
 
019.jpg

 

 

 ディーナ・ヨッフェのこれぞ名盤!是非ご来聴くださいませ。

 →購入はこちらから←

ウィーン=ベルリン・ブラス・クインテット 放送予定

ブラス・クインテット・ウィーン=ベルリン(金管五重奏)

Brass Quintet Wien=Berlin

 

ウィーンベルリンフラッシュ3.jpg

 

2016/3/7(月)19:30〜21:10  NHK-FM「ベストオブクラシック」 放送決定!

 

2015年12月17日(木)に文京シビックで収録された演奏会が、NHK-FM「ベストオブクラシック」で放送されます。

クラシック倶楽部 http://www4.nhk.or.jp/bescla/

>12/17公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

ウィーン=ベルリン・ブラス・クインテット 放送予定

ブラス・クインテット・ウィーン=ベルリン(金管五重奏)

Brass Quintet Wien=Berlin

 

ウィーンベルリンフラッシュ3.jpg

 

2016/3/17(木)5:00〜5:55  BSプレミアム「クラシック倶楽部」 放送決定!

 

2015年12月17日(木)、文京シビックで収録された演奏会が、BSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送されます。

クラシック倶楽部 http://www.nhk.or.jp/classic/club

>12/17公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

「ウィーン放送交響楽団」来日迫る。

 

オーストリア唯一の公式放送交響楽団として揺るぎない地位を確立。

4年ぶりの来日で今大注目の「ウィーン放送交響楽団」

(指揮)コルネリウス・マイスター

 

RSO.jpg

 

■ウィーン放送交響楽団■ ORF Radio Symphonyorchestra Wien

 ウィーン・フィル、ウィーン響と並び、音楽の都ウィーンの3大メジャーオーケストラのひとつとして活躍を続ける名門オーケストラで、オーストリア放送協会(ORF)所属の、公式の放送交響楽団として揺るぎない地位を確立している。
レパートリーは広く、古典から20世紀作品、そして現代音楽にも力を注ぐ。
 戦後、現代音楽に特に力を注ぎ活動していたオーストリア放送(ORF)交響楽団を前身として、1969年に設立。
初代首席指揮者はミラン・ホルヴァート(1969-1975)がつとめ、シェーンベルク、ベルク、ヴェーベルンなどオーストリアの現代作曲家の作品を多く取り上げ、話題を呼んだ。
2010年9月、コルネリウス・マイスターが首席指揮者に就任、若さと才能に溢れたマイスターのもと、更なる活躍を続けている。
 
 

マイスター.jpg

 

■指揮, コルネリウス・マイスター■ Cornelius Meister

 
1980年ドイツ、ハノーファー生まれ。
2010年にウィーン放送交響楽団(RSO)の常任指揮者と芸術監督に任命され、毎シーズン、ウィーン楽友協会オーケストラだけでなくウィーンコンツェル トハウスを指揮し、アジア各地とヨーロッパ(ザルツブルク・フェスティバル、ベルリンフィルハーモニック)へツアーをした。 ハイドンや世界初演の作品を含む数多くの録音があり、これらのオーケストラとの実りある関係を築いている。その全ての公演がラジオやインターネットで放送 されており、一部はテレビでも放映されている。 
 
 
 

 

2月19日(金)19:00(18:00開場)

ザ・シンフォニーホール

[全席指定] S席:16,000円 A席:13,000円 B席:10,000円 P席:6,000円 [完売]

 

 

2月22日(月) 19:00(18:20開場)

サントリーホール

[全席指定] S席:20,000円 A席:17,000円 B席:13,000円 P席:8,000円[完売]

 


【Program】

L.v.ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲 第3番 作品72b
L.v.ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 作品92
J.ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 作品73

L. v. Beethoven Ouverture „Leonore“
L.v.Beethoven Symphony Nr.7
J. Brahms Symphony Nr.2 in D-Major, op.73

 

 

 
             (HPの注文のみクレジットカードの使用可)
 
 
 
 
 
.

M.ベッケ x J.v.ライエン ジョイント・リサイタル 放送予定

M.ベッケ x J.v.ライエン トロンボーン・ジョイント・リサイタル

Michel Becquet x Jörgen van Rijen Trombone Joint Recital

 

14.2BxRflash.jpg

 

 

2016/2/8 (月) 19:30~21:10 NHK-FM 「ベストオブクラシック」 放送決定!

 

2014年3月3日(月)紀尾井ホールで収録された演奏会が、
NHK-FM「ベストオブクラシック」で放送されます。

クラシック倶楽部 http://www4.nhk.or.jp/bescla/

>2014年3月3日の公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

ケマル・ゲキチ 放送予定

ケマル・ゲキチ(ピアノ)

Kemal Gekic, piano

 

Gekic_l.jpg

 

2016.2/27 (土) 21:30~21:59 NHK Eテレ 放送決定!

(※2016.3/3(木)再放送予定)

 

2002年6月25日 紀尾井ホールで収録された演奏が、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」で放送されます。

 

 

ららら♪クラシック http://www.nhk.or.jp/lalala/

 

是非ご拝聴下さいませ。

弊社、年末年始営業日のご案内

2016年始営業の案内.jpg

【再販のお知らせ】ジョゼフ・アレッシ(Tb) 日本ツアー2011

 

長らく完売しておりました、

ジョゼフ・アレッシ(トロンボーン) 日本ツアー2011

                                                     /長尾洋史(ピアノ)

遂に再販開始いたしました!

 

PAMP-1047Alessi.jpg

トロンボーンの帝王アレッシ初のライブ盤!
あの伝説の来日リサイタルの全貌がここに!

 
 
次回の再プレスは未定となっております。
この機会にお早めにお求め下さいませ!!

モノトーン クラシカルカレンダー2016 好評発売中!

 

 

2016年を彩るプロアルテムジケのアーティストカレンダーを発売!

ブラスアンサンブルやピアニスト、豪華な海外アーティスト全12ページのカレンダーです。

 

 

■モノトーン クラシカルカレンダー2016  

   1,500(送料込み)

 

A2サイズ. 420 × 594ミリ

 

■全12ページ (2016,1-12月)

 

■掲載アーティスト

 表紙  アークティックフィルハーモニー
 1月  ウィーン・サロン・オーケストラ
 2月  ガボール・タルケヴィ(tp.)
 3月  ワルター・アウアー(fl.)
 4月  カナディアン・ブラス
 5月  ヴァンサン・ラルデル(pf.)
 6月  シングフォニカー
 7月  マルティン・シュタットフェルト(pf.)
 8月  ムノツィル・ブラス
 9月  ダニエル・オッテンザマー(cl.)
 10月  ケマル・ゲキチ(pf.)
 11月  ライナー・ホーネック(vl.)
 12月  イェルク・デームス(pf.)
 
 
 
2016-表紙.jpg

表紙:アークティックフィルハーモニー

 

<ご注文方法>

1.電話にてご注文 03-3943-6677

その際「お名前、ご連絡先、住所、郵便番号 注文本数」を必ず明記ください。
お振込先のご案内については、折り返しご連絡させていただきます。
 
発送はゆうメールでの発送となっております。
発送手数料、送料込みで¥1,500となっております

ペーター・ヤブロンスキー プライベート・レッスン 開催決定!!

ぺーター・ヤブロンスキー(ピアノ)の

特別プライベート・レッスンの開催決定 !!

Peter-Jablonski-High-Res-3.jpg

2015 11/13(金), 11/14(土), 11/15(日) プライベートレッスン開催!!


[期間]    11/13 
               ①14:15-15:15   ②15:20-16:20 ③16:25-17:25 
     ④17:30-18:30 ⑤18:35-19:35 ⑥19:40-20:40
            
             11/14  
               ①14:15-15:15   ②15:20-16:20 ③16:25-17:25 
     ④17:30-18:30 ⑤18:35-19:35 ⑥19:40-20:40
             
             11/15
               ①14:15-15:15   ②15:20-16:20 ③16:25-17:25 ④17:30-18:30
 
※赤のお時間は予約済みの枠となります
 
 
[場所]    汐留ベヒシュタイン・サロン
〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-2 グラディート汐留1F
 
[金額]    1レッスン    25,000円(1時間)
    ※英語でのレッスンとなります
    ※通訳のご用意はございません。ご了承下さいませ。
 
 
[お問合せ]   プロ アルテ ムジケ  03-3943-6677
                        mail: info@proarte.co.jp
 
 

●プロフィール   (詳細はこちらをクリック)

ペーター・ヤブロンスキー Peter Jablonski

世界の五大陸をまたにかけ活躍するピアニスト

スウェーデン人とポーランド人の両親のもと、南スウェーデンに生まれる。5歳でドラムを、6歳でピアノを始め、たちまち非凡な才能を発揮。当初は特にドラ ムにのめり込み、9歳の頃にはニューヨークのヴィレッジヴァンガードや著名なジャズフェスティヴァルでバディ・リッチやサド・ジョーンズなどとも共演、伝 説のジャズマン、マイルス・デイヴィスからも賛辞を受けるほどの活躍をみせる。

やがてその才能と情熱はクラシックピアノにも注がれ、11歳でソロデビュー、翌年にはモーツァルトのK453でコンチェルトデビューを果たし、この頃、ピ アノとパーカッションの更なる研鑽を積むべくマルメ音楽アカデミーに入学、同アカデミーを卒業までにスウェーデン、デンマーク、ポーランドの各放送オーケ ストラに招かれベートーヴェンのコンチェルト第1番を共演。

2012-2013シーズンも、ベルヴァルドホール(ストックホルム)、ミュンヘン、ブリュッセル、ソウル、そして来日公演など、世界各地での活躍を続け ている。ルトスワフスキ生誕100年記念コンサートに際し、ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送交響楽団と共演。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団な どとのイギリスツアー、兵庫芸術文化センター管弦楽団との日本公演、メキシコ・シティにてメキシコ放送響を率い、ラテン・アメリカでの指揮者デビューも果 たす。

室内楽での活動も盛んで、南スウェーデン、カールスクローナ室内楽フェスティヴァルの芸術監督を務める。

1997年、ヴォイチェフ・キラールから献呈されたコンチェルトを世界初演し、オルフェウス賞受賞。2005年、スウェーデン国王より文化功労章メダル(Litteris et Artibus)授与。

【掲載情報】ペーター・ヤブロンスキー(ピアノ) 月刊ショパンにてインタビュー掲載

ぺーター・ヤブロンスキー(ピアノ)の来日インタビューが

月刊ショパン11月号にて掲載!

 

ヤブショパン.jpg

 

幼少期にジャズに取り組んだ経験から、研ぎ澄まされたリズム感と引き込まれる旋律を持ち味とするペーター・ヤブロンスキー。
今回の来日公演について、想いをたっぷり語っております。
是非、本誌にてご覧下さいませ!!
 
 
 
 
 

11/17(火) あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール(大阪)

11/19(木) 電気文化会館 ザ・コンサートホール(名古屋)

11/20(金) トッパンホール(東京)

 
 

ジャパン・ツアー公演チケット購入はこちらから

ウィーン=ベルリン・ブラス・クインテット、待望の初アルバム発売開始!

ウィーン=ベルリン・ブラス・クインテットの待望の初アルバム、

「BRILLIANT BRASS」の取扱いを開始!

 

wb-brass1.jpg

 

ベルリン・フィル、ウィーン・フィルの主力メンバーが贈る最高峰の響きを是非ご堪能ください。

 

購入はこちらから

 

ウィーン・サロン・オーケストラ ニューイヤーコンサート2016好評発売中!

 

音楽の都ウィーンで抜群の人気を誇る名門オーケストラ

ウィーン・サロン・オーケストラ

ニューイヤーコンサート 2016

 

ーー新年を彩る、優美で華麗なポルカ、ワルツ、マーチ、アリアの数々!!!

 

 音楽の都ウィーンで抜群の人気を誇る名門オーケストラが、優雅なバレエ、可憐な歌声と共にウィーン伝統の音楽をお届けする、まさにニューイヤー・コンサートの決定版!

 「美しく青きドナウ」などで知られるウィーンを代表する大作曲家ヨハン・シュトラウス2世は当時、自らもヴァイオリンを奏でながら指揮をするという優美なスタイルで、世界中を魅了しました。今回の指揮者もこの伝統のスタイルを継承。ウィーンで大人気のオーケストラがお届けする、本場のポルカ、ワルツ、マーチ、オペレッタのアリアの数々は、海を越えて皆様の心を弾ませます。お客様にも時には手拍子でご参加頂く楽しいコンサートで、喜びに満ちた2016年の幕開けをお迎えください!

 
 
2016.1.6(水) 19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール


全席指定:S席 6,000円 A席 5,000円 Sペア 10,000円

 

プログラム

W.A.モーツァルト
  ピアノ協奏曲 第23番 K488  (ゲスト:久元祐子)

J.シュトラウスⅡ
  ポルカ「狩にて」
  ワルツ「ウィーン気質」
  ワルツ「芸術家の生活」
  ワルツ「美しく青きドナウ」
スッペ
  オペレッタ「軽騎兵」序曲
カールマン
  歌劇「伯爵夫人マリツァ」より〜 ウィーンによろしく
J.シュトラウスⅠ
  ラデツキー行進曲
 

出演者
380.jpg
ウィーン・サロン・オーケストラ(オーケストラ23名、バレエダンサー2名、オペラ歌手2名)
 
ウド.jpg ウド・ツヴェルファー(音楽芸術監督・コンサートマスター)
 
特別ゲスト
酒寄克夫.jpg 久元 祐子(ピアノ)

 

チケット購入はこちらから!

メルビッシュ湖上音楽祭「こうもり」/雨天決行のお知らせ

 

メルビッシュ湖上音楽祭「こうもり」/雨天決行のお知らせ

 
日時:9月10日(木) 15:00開演(18:00終演予定)
        9月11日(金) 17:00開演(20:00終演予定)
 
 
▼ メルビッシュ湖上音楽祭「こうもり」公演は、9月9日現在、雨天決行にて上演をいたします。
「新宿」「上野」発の鑑賞バスツアーの運行についても、予定通り運行いたします。
[満席のため御予約は終了しております。なにとぞご了承ください。]
 
会場の河口湖スタラシアターは開閉式の屋根がついておりますが、寒暖差がありますので、防寒具等をお持ちいただけますようお願い申し上げます。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

株式会社 プロ アルテ ムジケ

夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら、
2015年8月13日(木)より 2015年8月16日(日)まで 夏期休業とさせていただきます。

チケット等のお申込はHPより承っておりますが、チケット/商品発送、その他のお問合せについては、
2015年8月17日(月)以降順次対応させて頂きます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さい。

 

                                   株式会社 プロ アルテ ムジケ

鈴木俊哉(リコーダー)第14回 佐治敬三賞受賞!

鈴木俊哉(リコーダー)

第14回(2014年度)佐治敬三賞 受賞!!

「鈴木俊哉 リコーダー リサイタル《細川俊夫ポートレイト》」

 

http://www.suntory.co.jp/news/2015/sfa0002.html

 

鈴木佐治

【新アーティスト】柴田智子

s-IMG_3019_s-1.jpg

 

柴田智子(ソプラノ)プロフィール

【新アーティスト】斉藤 葉

IMG_5688.jpg

プロフィールはこちらから

【新アーティスト】長尾 洋史

長尾.jpg

プロフィールはこちらから

【新アーティスト】永峰 高志

Nagamine4298.jpg

プロフィールはこちらから

【新アーティスト】熊本マリ

kumamoto.jpg

プロフィールはこちらから

【メルビッシュ湖上音楽祭】総裁 ダグマー・シェレンベルガー インタビュー!!

メルビッシュ湖上音楽祭ジャパンツアー2015

総裁 ダグマー・シェレンベルガー インタビュー!

 

シェレンベルガー.jpg

 

 

メルビッシュ湖上音楽祭ジャパンツアー2015

 

-こうもり(全3幕)-

 

■9.10(木) 15:00 河口湖ステラシアター

■9.11(金) 17:00 河口湖ステラシアター

 

[全席指定]

SS席25000円、S席22000円、A席18000円、

B席10000円、C席(学生券)2000円  ※学生券が河口湖ステラシアターのみ取り扱い

 

電話にて先行予約受付中!! 03-3943-6677

 

 

[back number]

2015.03.11  本場 メルビッシュ湖上音楽祭 現地レポート!!!

2015.03.10  指揮者 ルドルフ・ビーブル 特別インタビュー

2015.03.09  歌姫 アレクサンドラ・ラインプレヒト決定!!!

2015.03.06  オーストリア大使より メッセージ!!

2015.03.05  ブルゲンランド州知事より メッセージ!!

ケマル・ゲキチ 音楽の輪フェスティバル

ケマル・ゲキチ Kemal Gekic, piano

 

Piano loop Festival

<音楽の輪フェスティバル>

 

2015年 816日~21日  クロアチア・スプリット

主催:Association Piano project  http://www.pianoprojekt.hr/

                     

世界中からピアニスト、ピアノ指導者を集めて毎年開催されるPiano loop Festival は、国際的に活躍するヨーロッパの著名ゲストアーチスト三人全員による指導教授陣のリサイタル、そして演奏会出演の機会を提供するセミナー・ワークショップです。

ピアノ演奏、ピアノ指導における優れた音楽解釈と幅広いレパートリー、様々な演奏スタイルを育てることを目的とし、クロアチアのピアノ音楽も紹介します。  日本の日常生活は全く違うヨーロッパという環境で演奏芸術を高めることが出来るでしょう。

修了者にはPiano loop Festival ディプロマが授与されます。 聴講参加も可能。

ケマル・ゲキチ夏期講習に引き続いての開催です。(後期日程)

 

【概要】

ゲストアーティスト教授陣: Kemal Gekic,  Grigory Gruzman,  Ruben Dalibaltayan
会場:Split 音楽アカデミー、Mestrovic 美術館
参加費:450 ユーロ(宿泊費別)
(2015年3月中旬現在約57,000円。ユーロ表示の為日本円価格は変動) 
聴講生としての参加は55ユーロ
※ケマル・ゲキチ夏期講習から連続して参加の場合は5%割引き
※Natochenny講習会と両方参加の場合割引有り。
 

参加費に含まれるものは以下の通り。

1)   レッスン 

三人の教授から各1回+教授1人を選択してもう1回、計4回のレッスン(各60分)
選択希望受付は先着順。
レッスンはすべて公開。使用言語は基本的に英語ですが、スペイン語、ロシア語、イタリア語、ドイツ語の場合も有り。

 

2)   教授陣リサイタル 

8月16日 Kemal Gekic 
      17日 Grigory Gruzman  
   18日 Lev Natochenny/Eugene Choi   
      19日 Ruben Dalibaltayan

 

3)   参加者による演奏会

8月16日 Piano24 ピアノマラソン、「音楽は世界の共通語」コンサート

8月21日 Piano loop festival修了演奏会(選抜者参加)

 

<Piano24>

Piano loop Festival はユニークな企画、ピアノマラソンPiano24で幕を開けます。
フェスティバル参加者に加え、ケマル・ゲキチ夏期講習受講生も合流して次々と演奏を繰り広げるこのワークショップでは、会場となるMestrovic美術館が音楽の溢れる場所となります。
従来の「演奏者」と「黙って椅子に座っていなければならない聴衆」の間の垣根は取り払われ、演奏者は美術館の「展示品」としての役割を担い、聴衆は美術館の「鑑賞者」として自由にそれを楽しむのです。
フランスの現代アート評論家Yves Michaudが述べたように、美術館はもはやアートを展示する箱ではなく、美術館自体がアートであり、訪れる人が美的体験という文化に浸る「温泉」のような役目を果たします。
クロアチア作曲家の作品に焦点を当てたUniversal language of music「音楽は世界の共通語」コンサートも、このピアノマラソンの中で開催されます。 

 

【宿泊】

申し込みの際に、以下の中から選んで希望を記入。詳細は、申し込み受け付け完了後、改めてお尋ねします。
★学生宿舎Hostel Spinet
二人部屋バスルーム付き。台所、食堂、テレビ付きリビングルームは共同。ロビーでWi-F使用可能。喫茶室、レストラン、海を望むテラス等有り。
朝食付き 一泊30ユーロ  朝食、夕食付 一泊36ユーロ
★キャンパスCamous宿舎
学生用の新しく改装された9階立て宿泊施設。
食事無し 2人部屋一泊25ユーロ、個室35ユーロ
★ケマル・ゲキチ夏期講習と同様、ペンションタイプのシェア・アパート、個別アパートの手配も可能。(注:日本人には、これが便利のようです) 費用はお問い合わせ下さい。

 

【その他】

★航空券は各自手配となります。到着地クロアチア、スプリット(Split)空港。ご相談下さい。
★練習室使用可能(無料)
★希望教授の追加レッスンを受ける事が可能です(要申し込み、費用別途)
★聴講生は、レッスンを1回受けることが可能です(要申し込み、費用別途)
★ジュニアコース(12~18才、45分レッスン4回、400ユーロ)も有ります。
★ピアノデュオで参加の場合は二人一組で450ユーロ
★Piano24に参加希望者は、音楽履歴と曲目を前もって事務局に提出して下さい。
★Universal language of musicコンサートへの参加は申込制です。
希望者にはクロアチア作曲家作品の楽譜をpdfファイルで送付します。
★Piano loop Festival 特別賞受賞者が1名選出され、2016年のFestivalに招待されます。

 

【申し込み】

英語ウェブサイトhttp://www.pianoprojekt.hr/の中の

Piano loop festival http://www.pianoprojekt.hr/Plf.html#1の申し込み欄に英語でご記入の上、送信して下さい。

・申し込み受付完了の返信が届いたら、二週間以内に指定の銀行口座に申込料100ユーロ(もしくは、相当円)をお支払い下さい。(振込み手数料は振込み人負担) この申込料はフェスティバル全体が不催行になった場合以外は返金されません。 残りの費用のお支払い方法は追ってご連絡します。

・受付は先着順。最終締め切りは2015年6月15日ですが、定員に達した時点で締切ります。

・参加キャンセルについては、6月15日までに書面でご連絡下さい。 その場合、申込料は返金されません。

・現地の事情により、内容、スケジュールに変更の可能性があります。予めご了承下さい。

6月15日時点で最低人員数に達しない場合は、期間を短縮する場合がありますが、レッスン回数は変わりません。

 

 

【ゲストアーチスト教授陣プロフィール】

Kemal Gekic   http://www.proarte.co.jpをご覧下さい。

 

Grigory Gruzman

ロシア、サンクトペテルブルク出身。 幼少期から多くの演奏会に出演。エルサレム音楽院、フライブルク音楽大学で学ぶ。 世界各地での演奏会で聴衆からの熱狂的称賛を受ける。指揮者カラヤンが「Gruzmanが弾くリゴレット・パラフレーズこそ、私が生涯ずっと探し求めていた演奏だ」と言って彼をザルツブルグに招いた、という逸話もある。 1998年ハンブルク音楽大学教授に着任。 彼のムソルグスキー「展覧会の絵」のピアノトリオ編曲は特に注目を集めた。「Trialogue Musical」アンサンブルのメンバー。

 

Ruben Dalibaltayan

アルメニア出身。 幼少の頃から才覚を現し、12才でアルメニア国立交響楽団とベートーヴェン協奏曲を演奏。モスクワ音楽院で修士号取得。世界中でコンサートツアーを行い、特に伝説のピアニスト、ワイセンベルクとの交流は有名。指導者としても活躍、サラエボ音楽院、ザグレブ音楽院で教鞭をとる。バロックから現代まで幅広く手がけるが、特にリストは重要なレパートリーである。 また、ドビュッシーやスクリャービンも得意とする他、トリオ、デュオ、そして故郷アルメニア音楽の普及にも力を注いでいる。

 

 

※この要綱日本語訳は要約です。スケジュール他詳細は英語ウェブサイトhttp://www.pianoprojekt.hr/でご確認下さい。

日本語でのお問い合わせ、ご質問、お申し込みサポートはpiano.projekt.japan@gmail.com まで。

                                要綱日本語要約作成:Piano projekt 公式通訳スタッフ 中尾園子

ケマル・ゲキチ ピアノ夏期講習 2015

ケマル・ゲキチ Kemal Gekic, piano

 

<ヨーロッパの歴史の街で音楽の秘密を解き明かす>

――そして、そのピアノの響きへの活用――

 

2015年8月7日~16日、第六回ケマル・ゲキチピアノ夏期講習会が、ヨーロッパ・クロアチアのスプリットで開催されます。スプリットはゲキチの生まれ故郷。 風光明媚なアドリア海の島々を見晴らす、ローマ皇帝の宮殿がそのまま旧市街になった世界遺産の街です。ゲキチのスーパーレッスンは勿論の事、西洋音楽の背景であるヨーロッパの歴史が息づく街で生活し、学びと共に文化的刺激を経験するのが、この講習会の特色でもあります。日本の日常から遠く離れ、ヨーロッパの空気と音環境で集中して受講・聴講することにより、音楽の「秘密」に触れる素晴らしい体験が出来ることでしょう。

講習会修了者には、ディプロマが授与されます。

参加定員は12名、定員に達し次第締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。

 

【概要】

主催:クロアチア・スプリット「Piano projekt協会」
後援:スプリット市、クロアチア共和国文化庁
 
講師:ピアノコース ケマル・ゲキチ教授
期間:開始 2015年8月7日19:00
   終了        8月16日23:00
会場:クロアチア・スプリット Josip Hatze 音楽院、Split音楽アカデミー、Mestrovic美術館
費用:1230 ユーロ(2015年3月中旬時点で約156,000円。現地通貨表示の為日本円価格は変動)     
※三回目、四回目の参加者は5%割引き

 

費用には以下のものが含まれます。

★ケマル・ゲキチ教授のレッスン 3回(各60分) 
★ケマル・ゲキチ リサイタル観賞
★練習室使用
★ルームシェア宿舎での宿泊10泊
★Trogir、Drvenik島への船旅、昼食、海水浴フリータイム付き日帰り観光旅行
★演奏会参加 (選抜者修了演奏会など、3種類の演奏会参加の可能性)
★ピアノフォーラム参加 (受講生からの提案に基づくテーマでのゲキチ教授との討論会)
★Piano projekt企画、同時期開催の他の講習会聴講
★各自のレッスンを録画したDVD
★ウェルカム・ドリンク(受講者歓迎会)、修了パーティ参加
★スプリット市内観光

 

そのほか、スプリット観光優待カード、24時間対応緊急電話連絡先など。
詳しくは、英語サイト http://www.pianoprojekt.hr/ をご覧ください。

 

以下のものについては、希望者は別途お申し込み、お支払い下さい。講習会参加申し込み受け付け完了後、あらためて各自希望をお尋ねします。 費用についてはお問い合わせ下さい。

☆   スプリット空港送迎
☆   1人部屋宿泊や、1人でペンション貸し切り宿泊
☆   追加レッスン
☆   レッスンの日本語通訳(公式通訳スタッフが担当)

 

■レッスン■

ケマル・ゲキチ教授 3回(各60分)
すべてのレッスンは、受講生と聴講生に公開で行われます。各自のレッスンの模様は録画してDVDをお渡しします。
レッスンでの日本語通訳が必要な方はお申込み下さい。公式通訳スタッフが担当します。

 

《ピアノ・フォーラム》

受講生からの提案に基づくテーマでゲキチ教授と討論会を行います。ピアノテクニックについて、解釈について等、直接質問出来るチャンスです。

 

《受講生演奏の機会》 

・メシュトロヴィッチ美術館での修了演奏会 (教授により決定された選抜者)
・Piano24 ピアノマラソン(希望者全員)
・Universal Music Language「音楽は世界の共通語」コンサート
(申し込み制、オーディション有り。クロアチア作曲家の曲を演奏。楽譜は希望者にpdfファイルで送付)
 

■練習室■

練習室は事務局で予約を受け付けます。毎日朝9時~夜8時オープン。

 

■宿泊■ 

3~5人で1つのペンションタイプ宿舎シェアが基本です。(2~3人部屋)。宿舎は街の中心部、有名なディオクレアヌス宮殿のすぐそばに位置しており、講習会場JosipHatze音楽院まで徒歩、Split音楽アカデミーまでバス10分で通える便利なロケーション。
共用台所で自炊が出来ます。 台所、居間、テレビ、Wi-Fi、洗濯機、アイロン、トイレ・シャワー等の共用設備有り。(電話無し)
1人部屋、1人でペンション貸し切り宿泊などご希望の条件で別途手配も可能。 料金などお問い合わせ下さい。
 
※宿泊については、講習会申し込み受け付け完了後、あらためて詳細をお尋ねします。
※前後の宿泊延長も可能です。 講習期間8月7日チェックイン、17日チェックアウトの10泊以外の日で宿泊の場合は、宿の移動など条件が発生する場合も有りますが、なるべく便宜を図ってアレンジします。

 

■イベント・観光ツアー■

・歴史の街Trogirへの船旅、Drvenik島の美しいビーチでの海水浴が楽しめる昼食付き日帰り観光ツアー。
・ガイド付きスプリット市内観光。  
・ケマル・ゲキチリサイタル観賞。

 

★レッスンスケジュールは現地で発表になります。

<スケジュールの一例>

1日目:(8月7日)現地着、宿泊先へ。 夜、受講生歓迎会
2日目:レッスン開始 (レッスン受講、聴講、練習、自由行動)
市内観光、Trogir日帰り観光、ピアノ・フォーラム討論会など
9日目:(8月15日)修了演奏会
10日目:(8月16日)Piano24ピアノマラソンコンサート、「音楽は世界の共通語」コンサート、ケマル・ゲキチリサイタル観賞
11日目:現地発 (或いは引き続きPiano loop Festival参加)

Piano loop Festival 「ピアノの輪フェスティバル」については別記。

 

 

【申し込み方法】

英語ウェブサイトの中から申し込みます。

http://www.pianoprojekt.hr/Kgss.html#1

http://www.pianoprojekt.hr/の中のKemal Gekic Summer School)

申し込みフォームに英語で記入して送信して下さい。

コンクール参加や演奏会歴等プロフィール(CV)を書く欄には、必ずご記入下さい。

それに基づきゲキチ教授が書類審査をし、受講生として参加OKかどうかのメール返信が、7日以内にPianoprojekt事務局から届きます。

(学生など、リサイタル歴が無くても構いません。レッスン受講歴等もお書き下さい)

 

受講OKの返事が来たら、2週間以内に指定の銀行口座に申し込み料200ユーロ(相当円)をお支払い下さい。(振込手数料は振込人負担)

この申し込み料は講習会全体が不催行になった場合以外は、返金されません。

残りの費用のお支払いについては、追ってお知らせします。

定員になり次第締め切ります。

 

【聴講生】

聴講生としての申し込みも受け付けます。
全日程のレッスン聴講料170ユーロ、聴講一日券25ユーロ。
聴講生はレッスンを1回受講可能です。(要申し込み、費用別途)練習室使用可能。
宿舎、イベントなど、受講生と同じく手配します。(費用実費)
聴講生には「聴講証明書」が授与されます。
 

【その他】

・航空券は各自手配となります。到着地はクロアチア、スプリット(Split)空港。ご相談下さい。
・食事は参加費用に含まれません。ペンションで自炊可能です。 
・参加キャンセルについては、2015年5月15日までに書面でお知らせください。
その場合、申し込み料は返金されません。
・現地の事情により、内容・スケジュールに変更の可能性が有ります。予めご了承下さい。
 
5月15日現在で人数が定員に満たない場合は、講習期間を集中型に変更することがありますが、レッスン回数は変わりません。
 

その他詳細、ケマル・ゲキチのプロフィール、2010年第一回、2011年第二回、2012年第三回、2013年第四回、2014年第5回夏期講習開催時の模様などは、英語ウェブサイトhttp://www.pianoprojekt.hr/Galleryをご覧ください。

 

【日本で】

日本からの申し込み、講習会に関する手続きの一部はPiano projektジャパン・コーディネーターがサポートします。

英語が分からない場合、日本語でpiano.projekt.japan@gmail.comまでメールでお問い合わせください

 

【ケマル・ゲキチ夏期講習生がPiano loop Festival、他の講習に参加する場合】

ケマル・ゲキチ夏期講習生が引き続きPiano loop Festival に参加する場合は、フェスティバル参加費が5% 割引。Lev Natochenny教授の講習会に参加の場合はその講習費が10%割引。

 

★Piano loop Festivalは8月16日~21日、3人の教授陣から4回のレッスン、教授陣リサイタル、修了演奏会などから成るセミナー・ワークショップです。

詳しくはPiano loop Festival 要綱をご覧ください。

 

 

※この日本語要綱は、英語ウェブサイトの要約です。詳細は英語ウェブサイトでご確認下さい。

                                 要綱日本語要約作成:Piano projekt 公式通訳スタッフ 中尾園子

【メルビッシュ湖上音楽祭】本場メルビッシュ湖上音楽祭 レポート!

メルビッシュ湖上音楽祭ジャパンツアー2015出演

本場ウィーンでのメルビッシュ湖上音楽祭 レポート!

 

スライト?1.jpg

メルビッシュ湖上音楽祭ジャパンツアー2015

-こうもり(全3幕)-

■9.10(木) 15:00 河口湖ステラシアター

■9.11(金) 17:00 河口湖ステラシアター

 

[全席指定]

SS席25000円、S席22000円、A席18000円、

B席10000円、C席(学生券)2000円  ※学生券が河口湖ステラシアターのみ取り扱い

 

電話にて先行予約受付中!! 03-3943-6677

 

 

[back number]

2015.03.10  指揮者 ルドルフ・ビーブル 特別インタビュー

2015.03.09  歌姫 アレクサンドラ・ラインプレヒト決定!!!

2015.03.06  オーストリア大使より メッセージ!!

2015.03.05  ブルゲンランド州知事より メッセージ!!

【メルビッシュ湖上音楽祭】マエストロ ルドルフ・ビーブル インタビュー!

メルビッシュ湖上音楽祭ジャパンツアー2015出演

マエストロ 「ルドルフ・ビーブル」インタビュー!

 

スライト-1.jpg

メルビッシュ湖上音楽祭ジャパンツアー2015

-こうもり(全3幕)-

■9.10(木) 15:00 河口湖ステラシアター

■9.11(金) 17:00 河口湖ステラシアター

 

電話にて先行予約受付中!! 03-3943-6677

【メルビッシュ湖上音楽祭】歌姫アレクサンドラ・ラインプレヒトが出演決定!!

メルビッシュ湖上音楽祭ジャパンツアー2015

歌姫アレクサンドラ・ラインプレヒト

出演が決定!!

 

Reinprecht.jpg

メルビッシュ湖上音楽祭ジャパンツアー2015

■9.10(木) 15:00 河口湖ステラシアター

■9.11(金) 17:00 河口湖ステラシアター

 

電話にて先行予約受付中!! 03-3943-6677

【メルビッシュ湖上音楽祭】オーストリア大使よりメッセージ!

オーストリア大使

ベルンハルド・ツィムブルク氏より

メルビッシュ湖上音楽祭日本公演への

メッセージを頂きました!!

 

大使.jpg

【メルビッシュ湖上音楽祭】ブルゲンランド州知事よりメッセージ!

ブルゲンランド州知事

ハンス・ニースル氏より

メルビッシュ湖上音楽祭日本公演への

メッセージを頂きました!!

 

フ-ルケ-ンラント州知事.jpg

メルビッシュ湖上音楽祭2015!!


 

■9/10(木) 15:00 河口湖ステラシアター■

■9/11(金) 17:00 河口湖ステラシアター■

 

[料金] SS席 25,000円 S席22,000円 A席18,000円 B席10,000円

 

問い合わせ:プロ アルテ ムジケ 03-3943-6677

 

チケットの購入はこちらから

弊社、年末年始営業日のご案内

年始営業の案内.jpg

演奏会中止と延期のお知らせ

演奏会中止と延期のお知らせ.jpg

メルビッシュ湖上音楽祭 音楽祭総監督・ソプラノ ダグマー・シェレンベルガー インタビュー

今月末いよいよ開催する、

メルビッシュ湖上音楽祭、総監督

「ダグマー・シェレンベルガー」

来日直前インタビュー!

 

シェレンベルガー軽い画像.jpg

◎メルビッシュ湖上音楽祭総監督&ソプラノ
 ダグマー・シェレンベルガー

 INTENDANT & Soprano : KS Dagmar Schllenberger


 

 

<プロフィール>

ドレスデンのカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学に学ぶ。在学中にドヴォルザーク国際声楽コンクール(カールスバート)優勝を飾り、国際的なキャリアをスタート。
 ベルリン・コーミッシェ・オーパーにて『魔笛』パミーナ、『フィガロの結婚』スザンナ、『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージ、『ドン・ジョ ヴァンニ』ドンナ・アンナ/ドンナ・エルヴィーラなど、モーツァルトのオペラで活躍。ベルリン国立歌劇場で出演した『魔弾の射手』アガーテは、ベルリンの 新聞にて絶賛され批評家賞を授与。モンテヴェルディ『ポッペーアの戴冠』(マルセイユ歌劇場)、『ジュスティーノ』アリアンナ、『こうもり』ロザリンデ (ベルリン国立歌劇場、ハンブルク国立歌劇場、オペラ・バスティーユ、パリ国立オペラ、チリ国立サンティアゴ・オペラ)など幅広いレパートリーで活躍。
 『Matthus Farinelli』の世界初演でマリア・ストラーダ役を務めた際は「オペルンヴェルト」誌1988年度の最優秀歌手にノミネートされた。ジークフリー ト・ワーグナー『神聖な菩提樹』の初演の際は、Hildegardを歌った。また『ホフマン物語』で歌い切ったオランピア、ジュリエッタ、アントニアでは その高い芸術性が絶賛を浴びた。近年はブリギッテ・アイゼンフェルトに師事し、更なる研鑽を積む。
 ベルリン・ドイツ・オペラ、ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、フランクフルト、ドレスデン、デュッセルドルフ、シュトゥットガルト、チューリッヒ、 ウィーンの各国立歌劇場、またブエノスアイレス(『魔笛』『コジ・ファン・トゥッテ』)、ニューヨーク(『オルフェオとエウリディーチェ』『湖上の美 人』)、アムステルダム(『アラベラ』『シバの女王』)、ブリュッセル、パリ、マルセイユ、ストラスブール、ヴェニス、ニース、ナンシー、トゥールーズ、 ローザンヌ、モンテカルロ、ローマ、ミラノ、パレルモ、ジュネーヴ、トリノ、カリアリ、ヴァレンシア、セビリア、イェルサレム、名古屋、東京など世界各地 で活躍。

 

 

 

─オペレッタはオペラ歌手にとってどんな分野なのでしょうか?

「私は34年間オペラ歌手をしていますが、オペレッタはオペラ歌手にとって最も難しい分野です。歌唱テクニックがたいへんに難しい上にチャーミングで上品で軽やかに見せなければならず、音楽も多彩、セリフも長い。そして踊りもあります。これらはオペラには必ずしも無いものです。でも私はそれらすべてができますので、オペレッタはオペラ以上に好きな分野なのです」

─《こうもり》で来日経験がおありとか。

「東京の文化村で、ベルリン・コーミッシェ・オーパーの公演でロザリンデを歌いました。そう、オペレッタで何より楽しいのは、観客のみなさまにストーリーを魅力的に伝え、楽しんでいただかなければならないことです。それが一番重要で、また難しいところでもあります」

─ロザリンデは難しい役柄になるのですか。

「例えば1週間で、ワーグナー《タンホイザー》のエリザベート、R.シュトラウス《ばらの騎士》のマルシャリン、モーツァルト《フィガロの結婚》伯爵夫人、そしてロザリンデを歌うとしたら、一番心配なのがロザリンデです。ロザリンデの役には多様性があり、とても難しいのですが、できるだけ軽やか歌っているよう聞こえなければなりません。そして何より演技が重要、とても微妙な演技が要求されます。それは自分が楽しむという以上に難しいものです」

─総監督となるきっかけ、その経緯について教えてください。

「私がメルビッシュの2つの大きなプロダクション、《マリッツア伯爵夫人》と《メリー・ウィドウ》に出演した後です。メルビッシュの総裁になる気持ちはないかと聞かれました。他に45名の候補者がいました。とても厳しい選考過程があり、3回のヒアリングがありました。どうして私が選ばれたのかは、選考委員会の方たちに聞いていただきたいですが、全員一致で私が選ばれたそうです。私の考えたコンセプトは、まずメルビッシュのイメージを少しでも変えること。伝統的なオペレッタの形式とは別に、新しい若い観客をも魅了する道、そして従来の観客も再び喜んでもらえる道を見出すこと、そのためにはどうしたらいいかということです。メルビッシュは年々観客が1000名ほどづつ減少していました。私はそういう状態で、この音楽祭を受け継いだのです。
幸いなことに今年は、過去10年間下降していた観客数が、初めて上向きました。10回の公演は売り切れましたが、これは過去10年間なかったことです。最高のクオリティで、どの役も素晴らしいキャストで上演すれば、お客様は増えます。毎年、制作チームをほぼ新しくし、新しい歌手、新しい指揮者、新しい舞台美術、新しい演出家と、すべてを新鮮に、私が知る限り最大のオープンエアーの舞台、3600平方メートルの舞台に展開するのです。観客の皆様には、私たちの将来に信頼をいただき、これから更に前進していきたいと思います。今後しばらくは、オペレッタを中心にしたいと思っています。メルビッシュはオペレッタをこのクオリティで、この規模で上演し続けている世界で唯一の劇場ですし、約60年の歴史がありますから。そのうえでメルビッシュのお客様が期待なさるようなミュージカルも上演したいと思っています」

 


・2014/9/29 (月)  13:30

会場 : すみだトリフォニーホール大ホール
Sumida Triphony Hall

全席指定:Sペア:¥15,000 S:¥8,000 A:¥5,000   B:¥4,000  学生:¥3,500

 

・2014/9/29 (月)  19:00

会場 : すみだトリフォニー大ホール
Sumida Triphony Hall

全席指定:Sペア:¥28,000 S:¥15,000 A:¥10,000   B:¥8,000  学生:¥5,000
ラグジュアリー:¥8.000(空席がある場合、公演10日前より受付の後半のみ入場券)

 

・2014/9/30 (火)  19:00

会場 : 東京オペラシティコンサートホール
Tokyo Opera City Concert Hall

全席指定:プラチナ:20,000円(特典CD付き) Sペア:30,000円 S:16,000円 A:12,000円   B:9,000円  学生:5,000円

 

・2014/10/3 (金)  19:00

会場 : ザ・シンフォニーホール
The Symphony Hall

全席指定:プラチナ:¥20,000(特典CD付き)Sペア:¥30,000 S:¥16,000 A: ¥11,000   B:¥8,000

 

・2014/10/4 (土)  15:00

会場 : 瀬戸市文化センター文化ホール(愛知県)
Setoshi Bunka Hall

全席指定:
プラチナ:一般¥6,000 学生¥3,000

 

チケット購入はこちらから

 

 

 

 

 

.

ブルーノ・カニーノ Bruno Canino 再放送予定

ブルーノ・カニーノ(ピアノ)

Buruno Canino, piano

 

8/29 (金) 19:30~21:10 NHK-FM 再放送決定!

2013年6月15日(土)トッパンホールで収録されたリサイタルが、NHK-FM「ベストオブクラシック」で放送されます。

ベストオブクラシック http://www4.nhk.or.jp/bescla/

>2013年6月15日の公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

イェルク・デームス 夏期講習 開催決定

イェルクデームス Joerg Demus

Demus.jpg

2014 8/1-8/15 マスタークラス(夏期講習)開催!!


期間 2014年 8/1−8/15

場所 ザルツブルク ガーベルク(Salzburg Gahberg)

Fantastic Pianist Series 2014 特集ページ!!

6〜12月にかけて世界各国の様々なピアニストを堪能できる大人気シリーズ!

小ファンタスティックピアニ.jpg

ファンタスティック ピアニスト シリーズ 2014

 

 

 

第1段...終了

 

■第2弾■

2014/6/4 (Wed) ヴィクトール・ゴールドベルク

      ---終了----

 

■第3弾■

 2014/6/20 (Fri) カスパラス・ウィンスカス

      ----終了----

 

■第4弾■

2014/7/5 (Sat)  ファン・カルロス・ロドリゲス

                      ----終了----

 

 

■第5弾■ 

2014/9/4 (Thu) ジョン・リル

                      ----終了----

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

■第6弾■

2014/10/11 (Sat)  エリッソ・ボルクヴァーゼ

                      ----終了----

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■第7弾■ 

2014/11/25 (Tue) イェルク・デームス

 

ウィーン・ロマン派最後の大巨匠...

80歳を越え一層研ぎ澄まされる、すさまじい集中力!!

Demus.jpg

<詳しいプロフィールはこちら>

 

 

 

“ドビュッシーでは鍵盤に触れているかどうかわからないほどの柔らかな響きで、

  あたかも彼自らが音の絵を描いているかのようだ。”

「音楽の友」'12年7月号

 

 

“誰にも真似のできない、ドイツ的な音楽の雰囲気や、

彼が奏でると空気までもがドイツになる”

「音楽の友」'12年1月号

 


↑音質は悪いが、ドビュッシーの名曲「沈める寺」と巨匠の深みのあるサウンドが相性ばっちり

 

11/25 (Tue)  19:00

会場 : Hakuju ホール

[Program]
〜オール・シューベルト・プログラム〜
楽興の時 D.780
ソナタ 変ロ長調 D.960
ロザムンデ変奏曲 D.935/3
4つの即興曲 D.899

 

----大巨匠が奏でるオールシューベルトプログラム...

 この日Hakujuホールはシューベルティアーデとなる


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

■第8弾■

 2014/12/9 (Tue) ケマル・ゲキチ

 

第11回ショパン国際ピアノコンクールにてその圧倒的な演奏で、彼の名は一気に世に知られた。

聴衆を釘付けにするカリスマ性を放つ鬼才がここに現れる。

 

Gekic(Hayashi).jpg

<詳しいプロフィールはこちら>

 

 

“ホロヴィッツ以来の最も才能のあるピアニスト…” 

〜ボストン・グローブ誌〜

 

 

“ケマル・ゲキチは人間ではない…”

〜South Florida Classical Review〜

 

 

↑一度聴けば彼の才能は言わずともわかるだろう

 

 

12/9 (Tue)  19:00

会場 : トッパンホール

[Program]
フランク:前奏曲、コラールとフーガ/前奏曲、アリアと終曲
〜バルカン半島より〜
タイチェヴィチ:7つのバルカン舞曲
パパンドプロ:3つの練習曲
〜ラテンのピアノ世界〜
ヒナステラ:組曲『クレオール舞曲集』
アレン:変奏曲
レクオーナ:アフロ=キューバ舞曲集より
 黒人の踊り
 仮想行列
 真夜中のコンガ

 

-----カリスマの驚くべき超絶技巧、

  あなたは壮大なドラマを目の当たりにする。。。。

 

 

全席指定:一般5,500円 学生3,500円

        【お得な♪ 選べる4公演セット券】          
通常価格¥22,000
セット券価格¥15,000 
                   
7000円もお得!
         学生は1枚3500円でもっとお得!         

 

チケット購入はこちらから!!

 

 

 

.

ケマル・ゲキチ 音楽の輪 フェスティバル

ケマル・ゲキチ Kemal Gekic, piano

 

Piano loop Festival

<音楽の輪 フェスティバル>

 

2014年 8月16日~20日  クロアチア・スプリット

主催:Association Piano project  http://www.pianoprojekt.hr/

 

世界中からピアニスト、ピアノ指導者を集めて毎年開催されるPiano loop Festival は、国際的に活躍するヨーロッパの著名ゲストアーチスト三人全員による指導教授陣のリサイタル、そして演奏会出演の機会を提供するセミナー・ワークショップです。
ピアノ演奏、ピアノ指導における優れた音楽解釈と幅広いレパートリー、様々な演奏スタイルを育てることを目的とし、クロアチアのピアノ音楽も紹介します。 日本の日常生活とは180度違うヨーロッパを満喫出来ることでしょう。
修了者にはPiano loop Festival ディプロマが授与されます。聴講参加も可能。
 

【概要】

ゲストアーティスト教授陣:Kemal Gekic,  Eduardo Hubert,  Ruben Dalibaltayan
会場:Josip Hatze 音楽院、Mestrovic 美術館
参加費:450 ユーロ (宿泊費別)    聴講生としての参加は55ユーロ
     ※ケマル・ゲキチ夏期講習から連続して参加の場合は10%割引き
 

参加費に含まれるものは以下の通り。

1)レッスン 
三人の教授から各1回+教授1人を選択してもう1回、計4回のレッスン(各60分)
レッスンはすべて公開。使用言語は基本的に英語ですが、スペイン語、ロシア語、イタリア語、ドイツ語の場合もあります。

2)教授陣リサイタル (於Mestrovic美術館  9 p.m.開演)
8月17日 Eduardo Hubertリサイタル  (予定:アルゼンチン音楽への神秘の旅)
   18日 Ruben Dalibaltayan リサイタル(予定:バッハ~古典舞踊のエレガンス)
   19日 Kemal Gekic リサイタル   (予定:ショパンとリストの詩情)
 ※プログラムは変更になる場合があります。

3)参加者による演奏会
8月16日 Piano24 ピアノマラソン、「音楽は世界の共通語」コンサート
   17日、18日、19日 各7 p.m.開演(全員が少なくとも1回は出演)
   20日 選抜者修了演奏会
 

<Piano24>

Piano loop Festival はユニークな企画、ピアノマラソンPiano24で幕を開けます。
フェスティバル参加者に加え、ケマル・ゲキチ夏期講習受講生も合流して次々と演奏を繰り広げるこのワークショップでは、会場となるMestrovic美術館が音楽の溢れる場所となります。
従来の「演奏者」と「黙って椅子に座っていなければならない聴衆」の間の垣根は取り払われ、演奏者は美術館の「展示品」としての役割を担い、聴衆は美術館の「鑑賞者」として自由にそれを楽しむのです。
フランスの現代アート評論家Yves Michaudが述べたように、美術館はもはやアートを展示する箱ではなく、美術館自体がアートであり、訪れる人が美的体験という文化に浸る「温泉」のような役目を果たします。

クロアチア作曲家の作品に焦点を当てたUniversal language of music「音楽は世界の共通語」コンサートも、このピアノマラソンの中で開催されます。
 

【宿泊】

学生宿舎Hostel Spinet
二人部屋バスルーム付き。音楽院から徒歩約15分
台所、食堂、テレビ付きリビングルームは共同。ロビーではWi-Fiが使用可能
喫茶室、レストラン、海を望むテラス等有り。
★料金:朝食付き 一泊30ユーロ
    朝食、夕食付 一泊36ユーロ

申し込みの際に、希望を記入して下さい。
 

【その他】

★航空券は各自手配となります。 ご相談下さい。
★練習室使用可能
★希望教授の追加レッスンを受ける事が可能です(要申し込み、費用別途)
★聴講生は、レッスンを1回受けることが可能です(要申し込み、費用別途)
★ジュニアコース(12~18才、45分レッスン4回、400ユーロ)も有ります。
★ピアノデュオで参加の場合は二人一組で450ユーロ
★Piano24に参加希望者は、音楽履歴と曲目を前もって事務局に提出して下さい。
★Universal language of musicコンサートへの参加は申込制です。
 希望者にはクロアチア作曲家作品の楽譜をpdfファイルで送付します。
★Piano loop Festival 特別賞受賞者が1名選出され、2015年の Festival に招待されます。
 

【申し込み】

英語ウェブサイト http://www.pianoprojekt.hr/ からお申込み下さい。
申し込み受付完了の返信が届いたら、二週間以内に指定の銀行口座に申込料100ユーロ(もしくは、相当円)をお支払い下さい。(振込み手数料は振込み人負担)
この申込料はフェスティバル全体が不催行になった場合以外は返金されません。
残りの350ユーロは現地でユーロ現金でお支払い頂きます。

・受付は先着順。最終締め切りは2014年5月15日ですが、定員に達した時点で締切ります。
・参加キャンセルについては、5月15日までに書面でご連絡下さい。その場合、申込料は返金されません。
・現地の事情により、内容、スケジュールに変更の可能性があります。予めご了承下さい。
 5月15日時点で最低人員数に達しない場合は、期間を短縮する場合がありますが、レッスン回数は変わりません。
・航空券は各自手配となります。ご相談下さい。
 

【ゲストアーチスト教授陣プロフィール】

Kemal Gekic   http://www.proarte.co.jp/overseas/artist-backnumber/2011OverseasArtist/Gekic.php をご覧下さい。

Eduardo Hubert
ブエノスアイレス国立音楽院卒。さらにイタリアでピアノと指揮法の研鑽を積んだ後、カールスルーエ等で教鞭をとる。室内楽アンサンブルに造詣が深く、マルタ・アルゲリチとの共演が良く知られている。彼女とのコラボレーションによる音楽祭を各地で開催の他、電子音楽や指揮活動にも積極的。得意とする分野は、室内楽、ピアノアンサンブル、ブラジル・アルゼンチン音楽。

Ruben Dalibaltayan
アルメニア出身。幼少の頃から才覚を現し、12才でアルメニア国立交響楽団とベートーヴェン協奏曲を演奏。モスクワ音楽院で修士号取得。世界中でコンサートツアーを行い、特に伝説のピアニスト、ワイセンベルクとの交流は有名。指導者としても活躍、サラエボ音楽院、ザグレブ音楽院で教鞭をとる。バロックから現代まで幅広く手がけるが、特にリストは重要なレパートリーである。また、ドビュッシーやスクリャービンも得意とする他、トリオ、デュオ、そして故郷アルメニア音楽の普及にも力を注いでいる。
 

 

※この要綱日本語訳は要約です。スケジュール他詳細は英語ウェブサイトでご確認下さい。
  日本語でのお問い合わせ、ご質問、お申し込みサポートは pianoinfo75@gmail.com まで。
 

                                        要綱日本語訳作成:公式通訳スタッフ 中尾園子

ケマル・ゲキチ ピアノ夏期講習 2014

ケマル・ゲキチ Kemal Gekic, piano

 

<ヨーロッパの歴史の街で音楽の秘密を解き明かす>

――そして、そのピアノの響きへの活用――

 

2014年8月8日~16日、第五回ケマル・ゲキチピアノ夏期講習会が、ヨーロッパ・クロアチアのスプリットで開催されます。
スプリットはゲキチの生まれ故郷。風光明媚なアドリア海の島々を見晴らす、ローマ皇帝の宮殿がそのまま旧市街になった世界遺産の街です。
ゲキチのスーパーレッスンは勿論の事、西洋音楽の背景であるヨーロッパの歴史が息づく街で生活し、学びと共に文化的刺激を経験するのが、この講習会の特色でもあります。
日本の日常から遠く離れ、ヨーロッパの空気と音環境で集中して受講・聴講することにより、音楽の「秘密」に触れる素晴らしい体験が出来ることでしょう。

講習会修了者には、ディプロマが授与されます。
参加定員は12名、定員に達し次第締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。
 

【概要】

主催:クロアチア・スプリット「Piano projekt協会」
後援:スプリット市、クロアチア共和国文化庁

講師:ピアノコース ケマル・ゲキチ教授
期間:開始 2014年8月8日19:00
   終了          8月16日23:00
会場:クロアチア・スプリット Josip Hatze 音楽院
費用:1140 ユーロ(2013年2月初旬時点約155000円。ユーロ支払いの為、日本円価格は変動)     
※三回目の参加者は5%割引き
 

費用には以下のものが含まれます。

★ケマル・ゲキチ教授のレッスン 3回(各60分) 
★練習室使用
★ルームシェア宿舎での宿泊9泊
★Zadar 日帰り観光旅行
★演奏会参加 (選抜終了演奏会など、全部で3種類の演奏会)
★ピアノフォーラム参加 (受講生からの提案に基づくテーマでのゲキチとの討論会)
★各自のレッスンを録画したDVD
★スプリット夏芸術祭 音楽会1回観賞。

そのほか、受講生歓迎会、スプリット市内観光、スプリット観光優待カード、24時間対応緊急電話連絡先など。
詳しくは、英語サイト http://www.pianoprojekt.hr/ をご覧ください。
 

以下のものについては、希望者は別途お申し込み、お支払い下さい。費用についてはお問い合わせ下さい。

☆スプリット空港送迎
☆1人部屋宿泊や、1人でアパート貸し切り宿泊
☆追加レッスン
☆レッスンの日本語通訳(公式通訳スタッフ:中尾園子)
 

■レッスン■

ケマル・ゲキチ教授 3回(各60分)
すべてのレッスンは、受講生と聴講生に公開で行われます。各自のレッスンの模様は録画してDVDをお渡しします。
レッスンでの日本語通訳が必要な方はお申込み下さい。通訳クオリティ保証の為、公式通訳スタッフが担当します。
 

《ピアノ・フォーラム》

受講生からの提案に基づくテーマでゲキチ教授と討論会を行います。ピアノテクニックについて、解釈について等、質問出来るチャンスです。
 

《受講生演奏の機会》 

・メシュトロヴィッチ美術館での修了演奏会 (教授により決定された選抜者)
・Piano24 ピアノマラソン(希望者全員)
・Universal Music Language「音楽は世界の共通語」コンサート
(申し込み制。クロアチア作曲家の曲を演奏。楽譜は希望者にpdfファイルで送付)
 

■練習室■

練習室は事務局で予約を受け付けます。毎日朝9時~夜8時オープン。
 

■宿泊■ 

3~5人で一つの宿舎をルームシェア使用(2~3人部屋)。宿舎は街の中心部、有名なディオクレアヌス宮殿のすぐそばに位置しており、講習会場まで徒歩で通える便利なロケーション。
共用台所で自炊が出来ます。台所、居間、テレビ、Wi-Fi、洗濯機、アイロン、トイレ・シャワー等の共用設備有り。(電話は無し)

※1人部屋宿泊、1人でアパート貸し切り宿泊、宿泊延長などは、ご希望の条件で別途手配します。料金は、個別にご相談下さい。
 

■イベント・観光ツアー■

歴史の街Zadar とダルマチア地方随一の美しい Prmosten ビーチでの海水浴が楽しめる日帰り観光ツアー。
ガイド付きスプリット市内観光の他、スプリット夏芸術祭が開催中です。音楽会を1回観賞。
 

★レッスンスケジュールは現地で連絡となります。

<スケジュールの一例>

1日目:(8月8日)現地着、宿泊先へ。 夜、受講生歓迎会
2日目:レッスン開始(レッスン受講、聴講、練習、自由行動)

市内観光、音楽祭演奏会観賞、Zadar日帰り観光、ピアノ・フォーラム討論会

9日目:(8月16日)Piano24ピアノマラソンコンサート、「音楽は世界の共通語」コンサート、修了演奏会
10日目:現地発(或いは引き続き Piano loop Festival 参加)

Piano loop Festival 「ピアノの輪フェスティバル」については別記。
 

【申し込み方法】

英語ウェブサイトの中から申し込みます。
http://www.pianoprojekt.hr/(pianoprojekt.hr で検索)
申し込みフォームに英語で記入して送信して下さい。
コンクール参加や演奏会歴を書く欄とプロフィール(CV)を書く欄には、必ずご記入下さい。
それに基づきゲキチ教授が書類審査をし、受講生として参加OKかどうかのメール返信が、7日以内に Pianoprojekt 事務局から届きます。
(学生など、リサイタル歴が無くても構いません。レッスン受講歴等もお書き下さい)

受講OKの返事が来たら、2週間以内に指定の銀行口座に申し込み料200ユーロ(相当円)をお支払い下さい。(振込手数料は振込人負担)
この申し込み料は講習会全体が不催行になった場合以外は、返金されません。
残りの費用940ユーロは、現地到着時にユーロ現金でお支払頂きます。
 

【聴講生】

聴講生としての申し込みも受け付けます。
全日程のレッスン聴講料150ユーロ、聴講一日券25ユーロ。
聴講生はレッスンを1回受講可能です。(要申し込み、費用別途)練習室使用可能。
宿舎、イベントなど、受講生と同じく手配します。(費用実費)
聴講生には「聴講証明書」が授与されます。
 

【その他】

・航空券は各自手配となります。ご相談下さい。
・食事は参加費用に含まれません。学生寮宿舎で自炊可能です。
・滞在を延長することも可能です。希望者は前もってお申し込み下さい。

・参加キャンセルについては、2014年5月15日までに書面でお知らせください。
 その場合、申し込み料は返金されません。
・現地の事情により、内容・スケジュールに変更の可能性が有ります。予めご了承下さい。

5月15日現在で人数が定員に満たない場合は、講習期間を集中型に変更することがありますが、レッスン回数は変わりません。

その他詳細、ケマル・ゲキチのプロフィール、2010年第一回、2011年第二回、2012年第三回、2014年第四回夏期講習開催時の模様などは、英語ウェブサイト http://www.pianoprojekt.hr/ Gallery をご覧ください。
 

【日本で】

英語が分からない場合、日本語でのお問い合わせ、お申し込みサポートなどは
Eメールで pianoinfo75@gmail.com へお問い合わせください
個人情報のお取り扱いには充分注意致しますのでご安心下さい。
 

【ケマル・ゲキチ夏期講習生が Piano loop Festival に参加する場合】

ケマル・ゲキチ夏期講習生が引き続き Piano loop Festival に参加する場合は、フェスティバル参加費が10% 割引になります。
★参加費405ユーロ+同じ宿泊場所(17~20日、シェアルーム四泊延長の場合)= 565ユーロ
Piano loop Festival は8月16日~20日、3人の教授陣から4回のレッスン、少なくとも1回の演奏会出演、教授陣リサイタルから成るセミナー・ワークショップです。
詳しくは Piano loop Festival 要綱をご覧ください。
 

※この日本語要綱は、英語ウェブサイトの要約です。詳細は英語ウェブサイトでご確認下さい。

 

                                 要綱日本語要約作成:Piano projekt 公式通訳スタッフ 中尾園子

カナディアン・ブラス 放送予定

カナディアン・ブラス(金管五重奏)

Canadian Brass

 

2014/3/5 (水) 6:00~6:55 NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」 放送決定!

2013年7月30日(火)東京芸術劇場で収録された演奏会が、NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送されます。

【クラシック・アラカルト3〜カナディアン・ブラス演奏会】

※ 注)二部構成での放送となりますので、別公演も含むアラカルトとなります。
    曲目は、放送日の1週間前以降に「クラシック倶楽部」HPでご確認下さい。

クラシック倶楽部 http://www.nhk.or.jp/classic/club

>2013年7月30日の公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

スローカー・トロンボーン四重奏団 放送予定

スローカー・トロンボーン四重奏団

Slokar Quartet

 

2014/2/27 (木) 19:30~21:10 NHK-FM 放送決定!

2013年12月10日(火)東京芸術劇場で収録された演奏会が、NHK-FM「ベストオブクラシック」で放送されます。

>2013年12月10日の公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

メルビッシュ湖上音楽祭 プロモーションビデオ!

             (HPの注文のみクレジットカードの使用可)

冬期休業のお知らせ

誠に勝手ながら、
2013年12月28日(土)より2014年1月2日(木)まで冬期休業とさせていただきます。

チケット等のお申込はHPより承っておりますが、チケット/商品発送、その他のお問合せについては、
2014年1月3日(金)以降順次対応させて頂きます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さい。

2013年も残すところわずかとなりました。本年も一年間ありがとうございました。
皆様にとって、2014年がより良い年になりますように、お祈り申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。

来年も、何卒よろしくお願いします。

 

                                    プロ アルテ ムジケ

ウィーン・サロン・オーケストラ出演者変更のお知らせ

2014年1月4日(土)〜13日(月・祝)

<ウィーン・サロン・オーケストラ ニューイヤーコンサート2014>に出演を予定していたバリトンのアンドレアス・ヤンコヴィッチは、病気のため来日出来なくなりました。代わって、ルッシ・ニコフが出演致します。
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

平成25年12月24日(火)

 

                         株式会社プロ アルテ ムジケ

                         【本件に関するお問合せ】
                         プロ アルテ ムジケ 03-3943-6677(平日9:30〜19:00)

 

ルッシ・ ニコフ(バリトン)Russi Nikoff, baritone

Singer_Russi Nikoff (小).jpgブルガリア生まれ。パンチョ・ヴラディゲロフ国立音楽アカデミー、ヨーロッパ・オペラセンターに学び、R.スコット、K.パスカリスらに師事。ブルガリア・ブルガス歌劇場にて『ラ・ボエーム』ショナールでデビュー以来、『セビリアの理髪師』フィガロ、『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵、『ラ・ボエーム』マルチェッロ、『ドン・カルロ』ロドリーゴ、『椿姫』ジェルモン、『カルメン』エスカミーリョなど、ヨーロッパ、エジプト、メキシコ、チリ、日本など世界各地の劇場へ出演。サンクト・マルガレーテン・オペラフェスティヴァル、エーゲ海フェスティヴァルなどにも招かれる。

 

 

 

●診断書:アンドレアス・ヤンコヴィッチ

診断書.jpg

カナディアン・ブラス 放送予定

カナディアン・ブラス(金管五重奏)

Canadian Brass

 

2014/1/6 (月) 19:30~21:10 NHK-FM 放送決定!

2013年7月30日(火)東京芸術劇場で収録された演奏会が、NHK-FM「ベストオブクラシック」で放送されます。

>2013年7月30日の公演情報はこちら

 

是非ご拝聴下さいませ。

今村 能(指揮)ポーランド文化功労章を受勲

 

ポーランド大使館 009 (3).jpg

 

 

指揮者の今村能(いまむら ちから/59才/写真左から3人目)が10月10日、ポーランド政府よりポーランド文化功労章を受勲。授章式は10月17日駐日ポーランド共和国大使館で、ボグダン・ズドロイェフスキ・ポーランド共和国文化・国家遺産省大臣、ツィリル・コザチェフスキ・駐日ポーランド共和国大使隣席の下、執り行われた。

 

 

 

 

 

今村 能は1983年第2回フィテルベルク国際指揮者コンクール第1位優勝。以来ワルシャワ・フィルハーモニー、ポーランド国立放送交響楽団、クラクフ・フィルハーモニー、シンフォニア・ヴァルソヴィア等を長年にわたり指揮。2000年~2002年までポーランド国立歌劇場常任者を務めた他、2008年イタリア・ポーランド・ベルギ-共同制作・ヴロツワフ歌劇場「サムソンとデリラ」音楽監督。2010年在ポーランド日本国大使館・ポーランド国立歌劇場共催「日本・ポーランド国交樹立90周年 『日本の夕べ』」を指揮。2013年には日本ルトスワフスキ協会会長に就任。国内でもポーランド音楽の紹介を積極的に行っている。

>さらに詳しいプロフィールはこちら

ジャパン・クラシック・フェスティバル2013 vol.2

       

『JAPAN CLASSIC FESTIVAL』は、今年11〜12月に全国各地で開催されるクラシックコンサートの対象公演に、6歳から18歳の子供達をご招待しよう!という催しです。

この趣旨に賛同し、プロアルテムジケの公演も多数登録しています。

応募方法は、必要事項を往復はがき又はEメールで送るだけ。
各公演の応募方法の詳細は、各公演詳細ページをご覧下さい。

>>>プロ アルテ ムジケの対象公演一覧はこちらをご覧下さい。


一流のクラシック音楽を無料で体験できるまたとないチャンスをお見逃しなく!
しかも、小学生のお子様が当選された場合は、同伴される保護者1名分もご招待チケットをプレゼント!

皆さんのご応募をお待ちしております!!!

 


※以下、オフィシャルサイトより転載

音楽を通じて真に豊かな社会の実現を!
クラシック界をあげて取り組む新しい音楽祭です。

2013年11月~12月 全国主要都市にて開催

 

■公演趣旨

クラシック音楽界から未来を担う子どもたちへ・・・
今、子供たちに必要なものは何でしょう。
多様化、複雑化する世界を生きていく子どもたちに、私たちは何ができるでしょうか。
 
JAPAN CLASSIC FESTIVALは、次世代を担う青少年に、本物のクラシック音楽に触れ、音楽で心動かされる体験、新しい魅力発見の機会を持ってほしい、という願いから 生まれた音楽祭です。2010年秋・2013年春と過去2回開催され、延べ2,200名以上の青少年に感動体験をプレゼントしてきました。
 
今回2013年vol.2でも、同フェスティバルがご案内する全国各地のコンサートに、6歳以上18歳以下の子どもたちをご招待!
日本全国のクラシック音楽界から未来を担う子どもたちに感動体験をプレゼントいたします。
 
 

■本物のクラシック音楽に!

今回のフェスティバルでは日本クラシック音楽事業協会の会員団体が、全国各地での公演を提供。
ピアノ・ヴァイオリン等のソロリサイタル、弦楽四重奏等の室内楽、迫力あるオーケストラやオペラ等、様々なジャンルの感動体験が子どもたちを待っています。
 
 

■日本クラシック音楽事業協会から、若い皆さんへのメッセージ

ズシンとくる迫力、ハートに迫るピアニッシモ
・・・「鳥肌が立った」
 
ロック・バンドでドラムを叩く少年が、初めてクラシックのナマの音を聴いてもらした言葉です。
心に、眼に、皮膚に直接届くナマの音楽は、将来、喜びや悲しみを分かち合えるあなたの友になるかもしれない・・・
 
現代の私たちの生活では、音楽、映画、ゲーム、何でも簡単にコピーすることができ、人と同じものを同じように、いつでもどこでも便利に楽しむことができます。そんな時代だからこそ、ナマの音楽、リアルなライブには、特別な価値があります。
過ぎ去ってしまうその時間、しかし、その場でしか体験することのできない、唯一無二の“感動”という体験は若いあなたの心にいつまでも残るものと信じます。
 
ひとつでも多くの”ホンモノに出会い”、”感動を体験する”ことが、どんなにかあなたの人生を豊かにすることでしょう。
さあ、コンサートホールの扉を開いてみましょう!
 
 

■公演概要

名称:JAPAN CLASSIC FESTIVAL 2013 vol.2
    ジャパン・クラシック・フェスティバル2013 vol.2
 
開催時期:2013年11月~12月
 
 
開催地区:全国主要都市
 
主催:一般社団法人日本クラシック音楽事業協会
 
協力:ART∞LINKS(有限会社アートリンクス)、株式会社AMATI、いずみホール、大阪アーティスト協会、株式会社オレンジノート、株式会社カメ ラータ・トウキョウ、公益社団法人関西二期会、コンサートイマジン、株式会社ジャパン・アーツ、有限会社新演奏家協会、有限会社ソナーレ・アートオフィ ス、Sony Music Foundation(公益財団法人ソニー音楽財団)、中京テレビ事業、中部日本放送、株式会社テレビマンユニオン、株式会社東音企画、株式会社東急文化 村、公益財団法人東京オペラシティ文化財団、株式会社東京コンサーツ、一般社団法人東京ニューシティ管弦楽団、東京労音、学校法人東成学園 昭和音楽大 学、株式会社二期会21、公益財団法人日本オペラ振興会、Hakuju Hall、有限会社プラネット・ワイ、株式会社プロ アルテ ムジケ、株式会社ミリオンコンサート協会、横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

 

【発売情報】6/25(火)ブラス・クインテット・ウィーン=ベルリン

ブラス・クインテット・ウィーン=ベルリン

一般発売日は6月25日(火)に決定 致しました。

10/8 大阪公演 いずみホール>>公演情報とチケット購入はこちら

10/9 東京公演 東京芸術劇場>>公演情報とチケット購入はこちら

 

 

13BQWB.jpg

ロドリゲス 来日特別インタビュー

来月いよいよ来日する、

数々の国際コンクール制覇の実力派ピアニスト「ファン・カルロス・ロドリゲス」

来日直前インタビュー!

 

100.jpg

<ファン・カルロス・

         ロドリゲス>

スペイン生まれ。
レス・コルツ国際コンクール
サン・セバスティアン市国際ピアノコンクール
ホセ・ロカ国際ピアノコンクール
ヘラルド・ディエゴ国際ピアノコンクール  等
数々の国際コンクール全てにおいて第1位を獲得する実力派のピアニスト。
今回待望の初来日!!

 

 

1.今回のプログラムについてのストーリー

スペインのピアニストとして、スペイン音楽には常に深くかかわってきました。
特にファリャと同じ地に生まれた事は、私の音楽人生に多大なる影響を与えてると思います。
ファリャのピアノ作品は色彩豊かで鮮やかで、高度なテクニックを駆使していながらも親しみやすさに満ちているんです。
今回のツアープログラム、フャリャの作品のなかでも傑作「ファンタジア・ベティカ」は、技術的にも音楽的にもドビュッシーの「金色の魚」やラヴェルの「スカルボ」を彷彿とさせます。
こうやって同時代の作曲家の影響も受けつつも、フャリャの音楽は、疑いようもなく独自の特徴を持ち高い質を誇っていると思います。
アルベニスの組曲「イベリア」は、ピアノのレパートリーのなかでも最も重要な作品のひとつです。
 
 
2.ご自身の演奏のバックボーン
 
音楽家としての私のキャリアは、音楽への情熱とたゆまない練習によって成り立ってきたといえます。
演奏家として活動していくために(私の場合は、コンサートピアニストとして)これらはとても重要なことで、演奏しているすべての瞬間において、最高の自分を聴衆に提供する必要があります。
また、作曲家と楽譜に誠実で忠実であることも不可欠です。
音楽家にとってコンサートとは、なにか新しいものをもたらす、素晴らしい経験であるべきだと思います。
 
 
3.日本に対する印象
 
日本は世界中の文化に決定的な影響を与えてきたことは間違いありません。
日本は伝統とモダンが最高の形で結びついた国だと思います。

 

4. 日本の聴衆へのメッセージ

コンサートに足を運んでくださる皆さんに感謝します。

私の演奏を楽しんでもらう為に最高の演奏をしたいですし、

皆さんのために演奏できることは最高の喜びです。

 

 

■7/3 (木)  19:00 ザ・フェニックスホール(大阪)■
全席指定:一般5,000円 学生3,000円

■7/5 (土)  14:00 トッパンホール(東京)■
全席指定:一般5,500円 学生3,500円

■7/9(水)  18:45 電気文化会館ザ・コンサートホール(名古屋)■
全席指定:一般5,000円 学生3,000円

 

【ロドリゲスのチケットはこちらから!!】

 

 

 

 

 

.

「カスパラス・ウィンスカス」特別インタビュー

今月いよいよ来日する、

今最も注目の若手ピアニスト「カスパラス・ウィンスカス」

特別来日インタビュー!

 

k1.jpg<カスパラスウィンスカス>

リトアニア生まれ。6歳でピアノを始め、リトアニア国立音楽・演劇アカデミーにてベロニカ・ビタイテに師事し、博士課程を修了。ウラディミール・ホロヴィッツ奨学金を獲得。カーネギーホールでのデビューでは、大きな反響を呼んだ。そのピアノは特にショパンにおいて評価が高く、2006年ショパンリサイタルはデビューCDとしてリリース。

今回、日本には初来日。

 

 

 

 

1.今回のプログラムについてのストーリー 

 私は、ロマン派の作品が特に好きで、今回のプログラムもそれを反映しています。ロマン派の音楽の最も魅力的な点は、音色、ダイナミクス、リズムのさまざまな組み合わせによって、人間の多彩な感情が壮大な幅で表現されている点です。ブラームス、ショパン、ドビュッシー、ラフマニノフといった偉大な作曲家たちはそれぞれに独特の音楽の語法を持ち、特にピアノ作品へのアプローチもそれぞれに異なり、際立っています。今回のプログラムでは、それぞれの作曲家が持つ世界を表したいと思っています。

 とても対照的な面白いプログラムだと思います。ブラームスの作品10は哲学的で瞑想するような作風、一方ショパンのエチュードは詩的で華やかなヴィルトゥオーゾ的要素が、熱烈でドラマティックな瞬間のなかに繰り広げられます。

 ドビュッシーは、自身が持つ物事への絵画的な印象を、さまざまな鍵盤使いやレース飾りのように流れる音で現す、画家のようです。対照的にラフマニノフのソナタは壮麗なロマン派作品の頂点をなす作品で、ピアノと演奏者の可能性を極限まで広げ、感情も爆発します。

 

2.ご自身の演奏のバックボーン

 コンサートへ向けて準備をする際にもっとも重要なことは、それぞれの作品に対する私の解釈のビジョンを明確にすることです。私の演奏を通して、音楽に込められている感情を伝え、聴いて下さる方ひとりひとりをさまざまな感情、精神への度へと誘うことが、私が目指すところです。

 

3.大阪(日本)に対する印象

 日本について私が思い浮かべることは、世界で最も技術的に進んだ国のひとつであること、人々はクラシック音楽や芸術への理解が非常に高く、多くの素晴らしいコンサートホールがあり、また国としての素晴らしい歴史を持ち、またおいしい食べ物も豊富であること。私が知らないもっと多くの側面がある興味深い国であることも確信しており、訪日をとても楽しみにしています。

 

4.現住地のクラシック音楽文化を取り巻く状況について

 

 リトアニアの音楽シーンはとても活発です。最近、クラシック音楽の魅力が再発見されていることを感じます。多くの若い人々がコンサートに足を運んでいます。多くの世界的演奏家もリトアニアを訪れています。私自身、音楽家のひとりとして、クラシック音楽が若い世代に広まることに力を尽くしています。学校でのコンサートもたくさん行っています。若い世代の人々へクラシック音楽を提供するアウトリーチプログラムを考え、スタートさせました。そういったプログラムに参加するほとんどの若者は、クラシック音楽を初めて耳にするひとたちです。そのような人たちが、後日実際のコンサートに足を運び、音楽の楽しさを経験するようになる様子を見るのはとても感慨深いものです。  

若い世代のひとびとは、未来の聴衆です。ですから、私たちは真剣に彼らに働きかける必要があります。

 

6. 日本の聴衆へのメッセージ

 日本の皆様にお会いして、私の音楽への情熱を分かちあうことを、心より楽しみにしています。

 

■6/20 (Fri)  19:00 トッパンホール(東京)■
全席指定:一般5500円 学生3500円

■6/22 (Sun)  14:00 ザ・フェニックスホール(大阪)■
全席指定:一般5,000円 学生3,000円

■6/24 (Tue)  18:45 電気文化会館ザ・コンサートホール(名古屋)■
全席指定:一般5,000円 学生3,000円
 

【カスパラス・ウィンスカスのチケットはこちらから!!】

 

 

 

 

 

.

【ヴォルフガング・シュルツ(フルート)追悼コンサート】

ウィーン・カメラータ・シュルツ「1778年のモーツァルト」

ソリスト:
ワルター・アウアー(フルート)Walter Auer
吉野直子(ハープ)Naoko Yoshino


ウィーン・カメラータ・シュルツの創立者でありますヴォルフガング・シュルツ(フルート)氏のたっての願いにより、モーツァルトのフルート協奏曲の全曲演奏会を企画いたしました。

シュルツ氏はこの特別に思い入れの深いコンサートへ向けて1月より病気療養を続けておりましたが、残念ながら3月28日ウィーンにて永眠されました。

シュルツ氏の遺志を継いで、当初のプログラム通りコンサートを実施し、このコンサートをヴォルフガング・シュルツ氏に捧げる追悼コンサートとさせていただきます。

尚、フルート・ソロは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席フルート奏者ワルター・アウアーが出演を快諾してくれました。


皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げております。


平成25年4月6日(土)

株式会社プロ アルテ ムジケ
代表取締役 原 源郎

 

◆ウィーン・カメラータ・シュルツ日本ツアー◆公演詳細はこちら

 

【訃報】ヴォルフガング・シュルツ(フルート)

5月にカメラータ・シュルツとのツアーを予定しておりました
フルート奏者のヴォルフガング・シュルツ氏が
3月28日 午後12時8分(現地時間)ウィーンにて永眠されました。享年67歳。
こころよりご冥福をお祈りいたします。


 

平成25年3月29日(金)

株式会社プロ アルテ ムジケ
代表取締役 原 源郎
 

ケマル・ゲキチ 夏期講習 2013

ケマル・ゲキチ Kemal Gekic, piano

 

2013年8月2日~11日、第4回ケマル・ゲキチピアノ夏期講習会が、ヨーロッパ、クロアチアのスプリットで開催されます。
スプリットはゲキチの故郷。風光明媚なアドリア海に面し、ローマ皇帝の宮殿がそのまま旧市街になった、世界遺産の街です。
西洋音楽の背景であるヨーロッパの歴史が息づく街の中で生活し、学びと共に文化的刺激を体験出来るのが、この講習会の特色でもあります。

講習会修了者には、ディプロマが授与されます。
参加定員は12名、定員に達し次第締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。

 

《概要》

主催:スプリット「ピアノプロジェクト協会」
後援:スプリット市

講師:ピアノコース Prof. Kemal Gekic

期間:開始 2013年8月2日17:00
   終了          8月11日16:00

会場:クロアチア・スプリット Josip Hatze 音楽院

費用:1260 ユーロ(2013 2月末時点約15万円。ユーロ支払いの為、日本円価格は変動します)

 

♪費用には以下のものが含まれます。

★ケマル・ゲキチ教授のレッスン 60分×3回
★練習室使用
★学生寮宿泊9泊
★各自のレッスンを録画編集したDVD
★スプリット夏芸術祭 Kemal Gekic ピアノリサイタル入場料
★Kastel Kambelovac で Vitturi城観光、Conte Cambi邸での講習生演奏会と、そのあと地元レストランでゲキチ教授
 を交えての夕食
★Krka国立公園とSibenik日帰り観光旅行、昼食付き

 

そのほか、受講生歓迎会、受講生参加演奏会二回、スプリット市内観光、スプリット観光優待カード、24時間対応緊急電話連絡先など。
詳しくは、英語サイト http://pianoprojekt.hr/Index.html をご覧ください。

 

♪以下のものについては、希望者のみ別途お申し込み、お支払い下さい。費用についてはお問い合わせ下さい。

☆スプリット空港送迎
☆追加レッスン
☆レッスンの日本語通訳(公式通訳者が居ます)
☆1人部屋宿泊や、1人でアパート貸し切り宿泊
☆オプショナルツアー
 8月12日出発アドリア海に浮かぶリゾートHvar島への船旅。一泊してケマル・ゲキチ演奏会を聴きます。
 (5月1日までに申し込み要)

 

《レッスン》

ケマル・ゲキチ教授60分レッスン3回
すべてのレッスンは、受講生と聴講生に公開で行われます。レッスンの模様は録画して各自にDVDをお渡しします。
レッスンに日本語通訳をご希望の方は、お申込み下さい。

受講生参加の演奏会が二回あります。Split Mestrovic gallery とConte Cambi邸。
(参加者は、講師からの推薦によって決定。内一回は、クロアチア作曲家の曲を演奏していただく可能性があります。
楽譜は、お申し込み後にお渡しします)

 

《練習室》

練習室は事務局で予約を受け付けます。

 

《宿泊》 

3~5人で一つの学生寮などを使用。 学生寮は街の中心部、有名なディオクレアヌス宮殿のすぐそばに位置しており、講習会場までも徒歩10分の便利なロケーション。
共用台所で自炊が出来ます。台所、居間、テレビ、Wi-Fi、洗濯機、アイロン、トイレ・シャワー等の共用設備有り。
(電話は無し)

※1人部屋宿泊、1人でアパート貸し切り宿泊、宿泊延長などは、ご希望の条件で別途手配します。
 料金は、個別にご相談下さい。

 

《イベント・観光ツアー》

幾重にも重なる滝が美しく、泳ぐことも出来るKrka国立公園、Primosten、中世の街並みを色濃く残す世界遺産の街Sibenikへの日帰り観光ツアー、昼食付き。
ガイド付きスプリット市内観光の他、スプリット夏芸術祭が開催中です。Kemal Gekicリサイタルを聴きます。

※オプショナルツアーは、美しいクリスタルブルーの海に浮かぶ世界有数のリゾートアイランドHvar島でケマル・ゲキチ
 演奏会を聴く、一泊旅行。

 

【申し込み方法】

英語ウェブサイトの中から申し込みます。
http://pianoprojekt.hr/Index.html
画面上方Contact をクリックすると申し込み欄が出ます。英語で記入して送信して下さい。
コンクール参加や演奏会歴を書く欄とプロフィール(CV)を書く欄には必ずご記入下さい。
それに基づきゲキチ教授が書類審査をし、受講生として参加OKかどうかのメール返信が、7日以内にPianoprojekt事務局から届きます。(学生など、リサイタル歴が無くても構いません。レッスン受講歴等もお書き下さい)

受講OKの返事が来たら、2週間以内に指定の銀行口座に申し込み料200ユーロ相当円(20132月末時点約\24000)をお支払い下さい。(振込手数料は振込人負担)
この申し込み料は講習会全体が不催行になった場合以外は、返金されません。
残りの費用1060ユーロは、現地到着時にユーロ現金でお支払頂きます。

※受講生としてでない場合は、聴講生として参加可能です。

 

【聴講生】

聴講生としての申し込みも受け付けます。
全日程のレッスン聴講料150ユーロ、聴講一日券25ユーロ。
希望者は、教授から個人アドヴァイスの時間を貰えます。(要申し込み、費用別途)
宿舎手配、イベントなど、受講生と同じく参加を手配します。(費用実費)
聴講生には「聴講証明書」が授与されます。

 

【その他】

※航空券は各自手配となります。

滞在を延長することも可能です。希望者は前もってお申し込み下さい。

食事は参加費用に含まれません。学生寮で自炊可能です。

参加キャンセルについては、5月1日までに書面でお知らせください。
その場合、申し込み料は返金されません。

現地の事情により、細部に変更の可能性が有ります。
4月末現在で人数が定員に満たない場合は、講習期間を集中型に変更することがありますが、レッスン回数は変わりません。

声楽のコースも有ります。内容は英語ウェブサイトで。

その他詳細、ケマル・ゲキチのプロフィール、2010年第一回、2011年第二回、2012年第三回講習開催時の写真などは、英語ウェブサイト http://pianoprojekt.hr/Index.html をご覧ください。

 

【日本で】

英語が分からない場合、日本語でのお問い合わせ、お申し込みお手伝いなどはEメールで pianoinfo75@gmail.com へお問い合わせください
個人情報のお取り扱いには十分注意しますのでご安心下さい。

冬期休業のお知らせ

2012年12月28日(金)より2013年1月6(日)まで冬期休業とさせていただきます。

チケット等のお申込はHPより承っておりますが、チケット/商品発送、その他のお問合せについては、2013年1月7日(月)以降の対応とさせて頂きます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承下さいませ。

2012年も残すところ数日となりました。本年も一年間ありがとうございました。
皆様にとって、2013年がより良い年になりますように、お祈り申し上げます。

良いお年をお迎え下さいませ。

来年も、何卒よろしくお願いします。

カナディアン・ブラス〜8年半ぶりの来日ツアー〜

卓抜なテクニックとすぐれた音楽性、そしてコミカルなパフォーマンス・・・
★更なる充実、進化を遂げる伝説のクインテット★

CANADIAN BRASS
カナディアン・ブラスが、8年ぶりに日本に帰ってきます!


 

世界一(?)の歴史を誇る金管五重奏団

1970年、チャック・デーレンバック(テューバ)とジーン・ワッツ(トロンボーン)の呼びかけで、カナダ、オンタリオ州ハミルトン・フィルの5人の首席奏者たちがカナディアン・ブラスを結成した。
金管アンサンブルのプロ・グループはいなかったという当時、一番の問題は、金管五重奏団のための譜面がほとんど無かったことだった。

そのため結成当初のメンバー 5人は、パッヘルベルのカノンやバッハのG線上のアリアなど、主に弦楽器アンサンブルによって演奏されていたクラシック曲を中心に、ジャズ、そしてビートルズなど様々なジャンルの曲をアレンジ、レパートリーとし、 金管五重奏の歴史を一から築きあげていったのだった。現在活躍するブラス・クインテット(ニューヨーク・フィル・ブラス・クインテット、シカゴ響ブラス・クインテットetc.)が使用する楽譜の多くは、カナディアン・ブラスのもの。まさにブラス・クインテットのパイオニアである。

cb-bike1.gif

卓抜なテクニックとすぐれた音楽性、そしてコミカルなパフォーマンスを合わせそなえたステージは、創立当初から大きな成功を収め、40年以上にわたり世界中で聴衆を魅了し続けている。
その長いキャリアのうちでは度重なるメンバーチェンジを経験し、「今あるようなカナディアンブラスを育てたのは、これまでの奏者達による真の愛情の軌跡」だという。

▶▶▶その軌跡はこちらをご覧下さい。Canadian Brass: Timeline

日本公演2013のチケットお求めはこちら>>>
 

リリースしたアルバムは100タイトルを越え、売り上げは世界で200万枚を越える。
 

<日本でのCDの評判の一例>

聞きごたえのある1枚>>
金管吹く人は絶対聞くべし>>
底力があるグループ CB!>>
初来日のドキドキを思い出しました>>
いや~それにしてもウマイ!カナディアン・ブラス、最高!>> by Band Power


最新映像をYoutubeでチェック!

<日本公演では、アルバム「CARNAVAL」からスペシャル・セレクションをお届けします♪>

<日本公演では、アルバム「ブラームス・オン・ブラス」からスペシャル・セレクションをお届けします♪>

▶▶▶もっと動画を見たい方はここをクリック

日本公演2013のチケットお求めはこちら>>>

 

最新録音「Carnaval」が全曲視聴出来ます!

Carnaval.jpg

日本公演でも演奏予定の「カーニバル」がここで予習できます♪

▶▶▶視聴&ダウンロード(有料)ページはここをクリック

 

「学校、大学、カーネギーホール、私たちはどんな会場でも同じスタンスで演奏することをいつも心がけてきた」とチャック(教育博士号をもつ!)が語る様に、各地でのマスタークラス、若い世代と の交流も積極的に行う。
長年にわたりアメリカ、カナダ、日本、ヨーロッパ、オーストラリア、中東、ロシア、南アメリカなど世界中でツアー。「日本は特に良かったね。北海道にも行ったし、福岡にも行ったよ。もしかしたら、普通の日本人より日本国内を旅行したんじゃないかな」とメンバーが語る来日歴は次の通り。

1994年9月20日~10月14日
1996年9月28日~10月11日
1998年11月2日~11月12日
2002年5月15日~24日
2005年3月29日~4月1日

更なる充実、進化を遂げる伝説のクインテット、カナディアン・ブラス、実に8年ぶりとなる再来日。
カナディアン・ブラスを聴いた事がある方も、ない方にも、この新生カナディアン・ブラスは、絶対に聴いていただきたいステージです!

ご来場を心よりお待ちしております!

日本公演2013のチケットお求めはこちら>>>



▶▶▶もっと詳しいプロフィールはこちらをクリック

オフィシャルサイト=http://canadianbrass.com

●トランペット
クリス・コレッティ Chris Coletti
ケイレブ・ハドソン Caleb Hudson

●ホルン
エリック・リード Eric Reed

●トロンボーン
アキレス・リアルマコプーロス Achilles Liarmakopoulos

●テューバ
チャック・デーレンバック Chuck Daellenbach

 

各方面から、絶賛の嵐!!!

耳なじみのよいアレンジ、絶妙なユーモア、そして一方で正統派ブラスファンも唸らせる完成度は圧巻。

by Jeff Spurgeon
 WQXR.org– January 29, 2012


 

もし人生で確かなことがあるとすれば、それはカナディアン・ブラスを聴けば、心から楽しみ、高揚し、そして満足するということだ。あらゆる驚くべきテク ニックに魅了され、トレードマークである巧みなユーモアに笑わされ、そして、磨き抜かれた揺るぎない音楽性は比類ない芸術的高みに達するのだ。必聴!!

by David Vernier 
ClassicsToday.com



カナディアン・ブラスを好きになるのに、ブラスとかクラシック音楽とか枠を設ける必要はない。この5人は優れた演奏家であるだけでなく、極めて卓越したプレゼンターだ。40年のステージ経験を経るなかで超絶技巧は冴え渡り、にこりともせず爆笑のコメディをやってのける名人技が完成されている。

by Zachary Lewis
 The Plain Dealer – August 30, 2011
 



完全無欠のアンサンブル、見事に融合した音質、そして豊かな音楽的表現を駆使し、ひとつひとつの曲は高潔に、また滑稽に奏でられた。新メンバー、やんちゃ なトロンボーン、アキレスのベルベットの音色は魅惑的、トランペットのブランドン、クリスは若く無邪気だが、決してミスをしない、完璧だ。

by Jeffrey Mitchell Taylor 
Toronto.com– December 22, 2011
 



ビートルズからクリスマスソング、ディキシーランド・ジャズからオペラアリアまで、カナディアン・ブラスの音楽はそのユーモア、メンバーの個性、そして完 璧な演奏技術で聴衆を魅了した。なんと素晴らしいステージ能力だ!オペラのそれぞれの役割を見事に演じ、格式あるオペラが彼らによってポップで親しみやす く演出され、そして長い髪のカツラを被った彼らも結構いい感じだ!

by Don Sharon
Times Record News– December 12, 2011




正確無比な演奏技術、音楽家としての力量は比の打ちどころがない。結果として、聴衆はすべての曲を心から楽しみ、最高の質の音楽を享受できるのだ。

by Paul Moen
 Altonaecho.com– October 26, 2011




CD『ブラームス・オン・ブラス』では、カナディアン・ブラスが極めて精巧で緻密な演奏をもってブラームスの名曲に新たな生命を吹き込み、新たなサウンドを作り出している。聴き手は新たな楽しさを味わうことができる、名盤だ。
by Julie Amacher
Minnesota Public Radio– September 21, 2011


ブラス音楽を世に認めさせた男たち・・・
無敵のヴィルトゥオージティの融合、自然で絶妙なユーモア、彼らはあらゆる世界中のホール、音楽祭、オーケストラシリーズを席巻してきた。たゆまない膨大 なレコーディング、テレビ出演、また音楽教育への熱心な取り組みによって、カナディアン・ブラスの芸術は新たな聴衆を生み続けている。

The Washington Post




またしてもカナディアン・ブラスは”世界で最も有名ブラスアンサンブル”である由縁を見せつけてくれた。巧みなアレンジは彼らの信じがたいほどの名人芸を 余すところなく発揮し、すべての曲はスピリットと輝きに満ちて演奏され た。
Musical Heritage Society– March 11, 2011

 


このCDの冒頭30秒を聴いて、驚くほどの臨場感、息をのむ超絶技巧に夢中にならないとしたら、自分の耳か再生機器をチェックしてみたほうがいい。

by David Vernier 
ClassicsToday.com– November 4, 2009



カナディアン・ブラスの音色は熟成したスコッチのように深みのある見事なブレンドだ。洗練された美しいレガートは息をのむほどだ。

by Jed Distler
 ClassicsToday.com

 

日本公演2013のチケットお求めはこちら>>>
 

ノルウェー・アークティック・フィル 払い戻し要領について

 

【ノルウェー・アークティック 公演中止と払戻要領のお知らせ】

2011年6月に予定しておりました「ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー日本公演2011」は、この度の東日本大震災に伴う福島第一原発事故を受けまして、オーケストラが来日を中止する決断を下したため、予定されていた公演を全て中止とさせていただきます。

下記の公演につきまして、以下の通りチケットの払い戻しを承ります。
ご購入先によって払い戻し方法が異なりますので、ご確認の上、お手続きをお願い致します。
公演を心待ちにしていらした皆様には、心よりお詫び申し上げます。

 
【中止】ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー 日本公演2011

6月13日(月)    神奈川    横浜みなとみらいホール     
6月20日(月)    東京     東京オペラシティ コンサートホール

 

払い戻し要領

お求めいただきましたチケットは、ご購入(ご発券)の箇所【※Confetti(カンフェティ)を除く】にて
御代金を返金させていただきます。
払い戻しは、お手持ちの入場券と引き換えとなりますので、入場券は大切に保管してください。
 

◆プロアルテムジケ / Confetti(カンフェティ) 払戻期間:5月9日(月)〜5月31日(火)

お手数ですがチケットを下記宛先までご返送下さい。
〒112-0013  東京都文京区音羽1-20-5F プロアルテムジケ NAPO係

5月末までに銀行振込にてチケット代金とご返送にかかった送料の合計を返金致します。
チケットをお送り頂く際に、振込口座の情報をご同封下さい。
なお、弊社よりお電話/メールにて払い戻しの手続きについてご連絡させていただき、その際に振込口座をお尋ねする場合がございます。ご了承下さいませ。

 

その他のプレイガイドでお求めの方は、各プレイガイドにて払い戻し手続きをお願い致します。
なお、各プレイガイドの下記期間に払い戻しが困難な場合はプロアルテムジケにて払い戻しを致します
プロアルテムジケ(tel. 03-3943-6677 [平日10:00〜18:00])までお問合せ下さい。
 

◆チケットぴあ 払戻期間:5月9日(月)〜5月24日(火)

チケットをご発券されたぴあ店舗・コンビニ(セブンイレブン、サークルK・サンクス)にて払い戻し致します。
(発券店舗はチケットに記載されております)
詳しくはこちらをごらん下さい。
お問合せ先:0570-02-9111  http://pia.jp/

 

◆e+(イープラス)払戻期間:5月9日(月)〜5月24日(火)

http://eplus.jp/(TOPページ「中止/変更/延期」より)

 

◆ローソンチケット 払戻期間:5月9日(月)〜5月24日(火)

ご発券されたローソン店舗にて払戻し致します。
詳しくはこちらをごらん下さい。
お問合せ先:0570-000-777(午前10:00〜午後8:00) 

 

東京文化会館 払戻期間:5月9日(月)〜5月31日(火)

店頭にて払い戻し致します。(来店不可能な場合はプロアルテムジケにて払い戻し対応
お問合せ先:03-5685-0650

 

◆横浜みなとみらいホールチケットセンター 払戻期間:5月10日(火)〜5月24日(火)

ご来店にてご購入の方は、チケットセンター店頭にて払戻致します。
その他の方法でチケットを受取られた方は上記チケットぴあと同じ方法にて払戻し致します。
お問合せ先:045-682-2000

 

◆神奈川芸術協会 払戻期間:5月9日(月)〜5月31日(火)

お問合せ先:045-453-5080

 

◆CNプレイガイド:5月9日(月)〜5月24日(火)

詳しくはこちらをごらん下さい。
お問合せ先:0570-08-9999(10:00〜18:00) http://www.cnplayguide.com/

 

払い戻しに関する総合お問合せ
主催・招聘元:(株)プロ アルテ ムジケ〒112-0013文京区音羽1-20-5F Tel.03-3943-6677 Fax.03-3943-6659

ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー日本公演中止

 

【ノルウェー・アークティック 公演中止のお知らせ】

2011年6月に予定しておりました「ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー日本公演2011」は、この度の東日本大震災に伴う福島第一原発事故を受けまして、公演の開催について協議してまいりましたが、オーケストラが来日を中止する決断を下し、弊社としてはやむなく、以下の日時での予定されていた全ての公演を取りやめる決定を致しました。

公演を心待ちにしていらした皆様には、心よりお詫び申し上げます。
 

ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー 日本公演2011

指揮者・トロンボーン:クリスチャン・リンドバーグ
ソプラノ:バーバラ・ヘンドリックス / ピアノ:クリスチャン・イーレ・ハドラン

6月
13日(月) 神奈川 横浜みなとみらいホール     
14日(火) 大阪  ザ・シンフォニーホール     
15日(水) 長野  岡谷市文化会館/カノラホール  
17日(金) 東京  武蔵野市民文化会館        
18日(土) 愛知  豊田市コンサートホール      
20日(月) 東京  東京オペラシティ コンサートホール

 

この公演中止を回避する手段を取っている過程において、指揮者・作曲家・トロンボーン奏者であるクリスチャン・リンドバーグ氏より、日本のために出来る事があれば来日するとの連絡を受け、その対応を検討しております。
詳細が決定次第ホームページ他にて発表致します。

 

お持ちのチケットの払い戻しについては、チケットに記載のお問合せ先にご確認下さいませ。
6/13横浜公演、6/20東京公演の払い戻しの詳細につきましては、下記ページをご参照下さいませ。

払い戻し要領のお知らせ


東日本大震災により被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、
一日も早い復興を心よりお祈り致します。
 
 
2011年4月26日
PAGE TOP