ホーム > インフォメーション > "北極オーケストラ" ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー管弦楽団 初来日!!

インフォメーション

"北極オーケストラ" ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー管弦楽団 初来日!!

 

 

巨星”クリスチャン・リンドバーグ”率いる北半球最北端の

 

”北極オーケストラ” 堂々の初来日

 

 

 

ノルウェー

アークティック・フィルハーモニー管弦楽団

 

(指揮) クリスチャン・リンドバーグ

(ピアノ) ペーター・ヤブロンスキー

 

 

 

Arctic_Philharmonic_1 (c) Yngve Olsen Sæbbe.jpg

 

■ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー管弦楽団■ 

■ Norwegian Arctic Philharmonic Orchestra ■

 

北極圏の極北部を起点とし、2009年ノルウェー政府によって設立されたノルウェー・アークティック・フィルハーモニーは、世界で最も新しい、最北端のオーケストラとして、現在は北極圏北部に位置する2つの都市、ボードーとトロムソ、そして北方都市全般を拠点に活躍している。

当オーケストラの構造は、ノルウェーのみならず世界規模で見ても、非常にユニークで革新的である。このオーケストラは、北極圏のすべての地域が総力を上げて斬新でフレキシブルなコンセプトを持つ組織として設立された。

2009年に設立されて以来、北ノルウェーで最も規模が大きいオーケストラの一つであると同時に、最も活動的な文化機関として、世界各地を舞台に毎年およそ150のコンサートやオペラ公演を行っている。

アークティック・フィルハーモニーの拠点は北ノルウェーと北極圏である。これらの地域的基盤はなくてはならないものであるが、当オーケストラはノルウェーを超えた活動をも見据えており、ノルウェーや北極圏を代表する大使として国際的な場での活躍を模索している。

豊かな自然や歴史に恵まれた北極圏という土地柄は、アークティック・フィルハーモニーにとって、プログラミング、マーケティング、コミュニケーションといったすべての演奏活動における戦略的基盤となっている。当オーケストラにとって北極圏という地域は、視覚的にも芸術的にも核を成している。

また、大編成のオペラをプロデュースしたり、小編成の曲を通常のオーケストラ編成用に編曲しての演奏も試みている。こうして、年間を通して小編成のシフォニエッタや室内楽曲を含めたあらゆるスタイルの楽曲をフル・シンフォニー・オーケストラのスケールで演奏している。

拠点となる二つの都市、ボードーとトロムソでは定期公演を行っている一方で、北ノルウェーと北極圏の全地域を基盤に含み、精力的に活動している。

近年、首席指揮者であるクリスチャン・リンドバーグとアークティック・フィルハーモニーによるレコーディングは、演奏会同様に世界中で絶賛されており、北極圏やノルウェーの曲のみならず、チャイコフスキーの交響曲をも含んだレコーディング・プロジェクトをBISレコードと企画し、活動を拡大した。

公式HP:http://www.noso.no/en/

 
 

cl08-MB_0300.jpg

 

■指揮, クリスチャン・リンドバーグ■ 

■ Principal Conductor, Christian Lindberg ■

 

スウェーデン生まれ。

弱冠25歳でストックホルム・フィルと協演し、トロンボーン・ソロデビュー。以降、ベルリン・フィル、シカゴ響、ワルシャワ・フィル、スウェーデン放送響の他、一流オーケストラと協演し、世界各国でその卓越した技術と深い音楽性をアピールしている。

 ルイ・アームストロング、マイルス・デイヴィス、デニス・ブレイン、モーリス・アンドレと共に20世紀最も偉大な管楽器奏者に選ばれた他、ベリオ、クセナキス、武満徹などの有名作曲家から作品を献呈され200を越える初演を行っている。

 指揮者としてのスタートはむしろ遅い方であった。もともと指揮者になるのを避けてきたくらいで、ノーザン・ シンフォニアから受けていた依頼は5度に渡り断り続けていた。しかし遂に2000年10月初めて指揮台に上ることを決断。以降、リンドバーグは驚くべきスピードで次々と著名楽団へ客演する。

 09年6月にノルウェー・アークティック・フィルハーモニー管がノルウェー政府の積極的な主導により設立し、即座にリンドバークのもとに音楽監督の要請があった。最初のコンサートはセンセーショナルなデビュー公演となり、現在も同フィルの首席指揮者として楽団を牽引し続けている。

公式HP:http://www.tarrodi.se/cl/

 
Peter Jablonski High Res 3 -- credit Benjamin Ealovega.jpg
 
 
 

 スウェーデンに生まれる。

 5歳でドラムを、6歳でピアノを始め、たちまち非凡な才能を発揮。当初はドラムにのめり込み、9歳の頃にはニューヨークの有名ジャズクラブやフェスティヴァルに出演。伝説のジャズマン、マイルス・デイヴィスからも賛辞を受ける。

 やがてその情熱はピアノにも注がれ、11歳でソロデビュー、翌年には協奏曲デビューを果たし、この頃ピアノとパーカッションの更なる研鑽を積む為、マルメ音楽アカデミーに入学、同アカデミーを卒業するまでにスウェーデン、デンマーク、ポーランドの各放送交響楽団と協演する。

 その後、英国王立音楽大学にてピアノと指揮を学ぶ。在学中、ヴラディーミル・アシュケナージの目にとまり、アシュケナージ指揮ロイヤル・フィルとの共演でCDデビュー。その2年後には、ショスタコーヴィチの協奏曲、ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲などを収録。このCDは権威あるエディソン・クラシック音楽賞最優秀コンチェルトレコーディング賞に輝いた。

 一流オーケストラとの協演、世界各地でのリサイタル出演の他、マスタークラスを開催し後進の指導にもあたっている。  

 2005年、スウェーデン国王より文化功労章メダルを授章。
 

 

 

 

 

【プログラム】

オーレ・オルセン:アースガルズの騎行 op.10

Ole Olsen: Asgardsreien  op.10

 

グリーグ:ピアノ協奏曲 op.16

E. Grieg: Piano Concerto in A minor op.16

 

(プログラムA)チャイコフスキー:交響曲第4番 op.36

  (Program A)  P.Tchaikovsky: Symphony No.4 in F minor op.36

(プログラムB)チャイコフスキー:交響曲第5番 op.64

  (Program B)  P.Tchaikovsky: Symphony No.5 in E minor op.64

(プログラムC)チャイコフスキー:交響曲第6番 op.74「悲愴」

  (Program C)  P.Tchaikovsky: Symphony No.6 in B minor op.74 "Pathetique"

 

※曲目、曲順は変更になる可能性がございます、予めご了承ください。

 

 

[静岡]10月11日(水)19:00

グランシップ

全席指定 SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円

プログラムC 

一般発売日:6/3(土)

 

[東京]10月12日(木)19:00

東京文化会館 大ホール

全席指定 SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円

プログラムB

一般発売日:5/10(水)

 

 

[広島]10月14日(土)15:00

三原市芸術文化センター ポポロ

チケット代:未定

プログラムA

一般発売日:未定

 

 

[福岡]10月16日(月)19:00

アクロス福岡シンフォニーホール

全席指定 GS席:10,000円 S席:8,000円 A席:6,000円 B席:4,000円(学生券2,000円)

プログラムA

一般発売日:6/25(日)

お問合せ:アクロス福岡チケットセンター Tel. 092-725-9112

 

 

 

[大阪]10月17日(火)19:00

ザ・シンフォニーホール

全席指定 SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円

プログラムB

一般発売日:6/3(土) ※プロアルテムジケは6/5(月)〜

 

 

 

[岡山]10月19日(木)18:30

岡山シンフォニーホール

全席指定 SS席:12,000円 S席:10,000円 A席:8,000円 B席:6,000円

プログラムC

一般発売日:6/3(土)

お問合せ:岡山音楽文化協会 Tel. 086-224-6066

 

 

 

 
             (HPの注文のみクレジットカードの使用可)
 
 
 
 
 
.
PAGE TOP