ホーム > SHOP > 過去のコンサート BackNumber > 俣野修子・奈良場恒美 ピアノデュオリサイタルシリーズ vol.2
俣野修子・奈良場恒美 ピアノデュオリサイタルシリーズ vol.2

俣野修子・奈良場恒美 ピアノデュオリサイタルシリーズ vol.2

商品コード : 20170616MN


2017/6/16 (Fri)  19:00

俣野修子・奈良場恒美 

ピアノデュオリサイタルシリーズ

Nagako Matano & Tsunemi Naraba piano duet recital series

pianist plus pianist vol.2

会場 : 東京文化会館  小ホール 

   Tokyo Bunka Kaikan  Recital Hall

[全席自由] 一般/¥4,000 ペア/¥7,000 学生/¥2,000

後援:(公社)日本演奏連盟/(一社)全日本ピアノ指導者協会/京都市立芸術大学音楽学部

マネジメント・チケット・お問合せ:プロ アルテ ムジケ
TEL.03-3943-6677  info@proarte.co.jp

当日18:30より当日券販売予定となっております。

事前にお申込の方は上記お問合せ先までご連絡ください。

 


[Program]
メンデルスゾーン F.Mendelssohn
    無言歌 Op.62(連弾版「7つの無言歌」より)
    Lieder ohne Worte Op.62
    アンダンテと華麗なるアレグロOp.92
    Andante und Allegro brilliant A-dur Op.92
シューマン R.Schumann  
    8つのポロネーズ WoO20 より
    8 Polonaises WoO20
ブラームス J.Brahms
    シューマンの主題による変奏曲 Op.23 
    Variationen über ein Thema von Schumann Es-Dur Op.23
    16のワルツ Op.39 
    16 Walzer Op.39

[Profile]
俣野 修子(ピアノ) Nagako Matano 
ジュネーヴ音楽院 演奏家課程(post₋graduate course)首席修了。
同音楽院にてL.ヒルトブラン教授に師事。修了時には、演奏家課程1等賞、パデレフスキー記念フィリッピネッティ特別賞を受賞。
1985年、大阪にてデビューリサイタル。以後、東京、大阪でリサイタル、NHK FMフレッシュコンサート、ジョイントリサイタルの他、内外の音楽家と数多く共演し、関東・関西を中心に、ソロ・室内楽の分野で意欲的な演奏活動を行っている。
近年では、2009年・2011年・2014年・2016年に関西と東京でリサイタルを行い、2003~2009年『俣野修子 モーツァルトとシューベルトの夕べ』シリーズにて、その美しい響きと豊かなイマジネーションに彩られたモーツァルトや深い人間性の滲み出たシューベルトが好評を博した。2009~2013年の室内楽シリーズ『楽興の時』も好評のうちに完結した。
現在、京都市立芸術大学において、後進の指導にあたっている。

奈良場 恒美(ピアノ) Tsunemi Naraba 
桐朋学園女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学卒業。ジュネーヴ音楽院 演奏家課程(post₋graduate course)修了。
1980年、マリア・カナルス国際コンクールディプロマ賞受賞。1982年には、ヴィオッティ国際コンクールディプロマ賞、並びに、第7回チャイコフスキー国際コンクール最優秀伴奏者賞受賞。
1984年1月東京文化会館小ホールにてデビューリサイタル。以後、定期的に東京文化会館にてリサイタルを開催している。日本各地でリサイタルを行う他、NHK-FM「午後のリサイタル」「フレッシュコンサート」「FMリサイタル」に多数出演。
また、室内楽奏者としても、千住真理子氏のパートナーとして全国各地で多くのコンサート(1985~1988年)に出演する他、内外の音楽家と数多く共演。
これまでに、林秀光、田辺緑、大島正泰、L.ヒルトブランの各氏に師事。
桐朋学園大学教授、国立音楽大学非常勤講師。

販売価格 : ¥7,000~2,000

通常価格 : ¥2,000~7,000

ポイント : 0 Pt

全席自由 :
【在庫0】チケットのお求めは上記「お問合せ」まで
PAGE TOP